平昌五輪後、世界は再び大荒れになるのか

北朝鮮も中東も欧州もリスクが「てんこ盛り」

平昌五輪の後には何が待っているのか(写真:AFP/アフロ)

羽生結弦の連覇に酔いしれ、ライバルを称える小平奈緒の姿に感動し、スキージャンプ会場の気まぐれな突風に腹を立て、カーリング女子の「そだねー」の声に癒される。始まるまではなんだかんだと言われていたけれども、やっぱり見てしまうじゃないか平昌オリンピック。

この間、株と為替も不思議と落ち着きを見せ始めている。ニューヨーク市場のダウ平均は、2月2日に666ドル、2月5日に1075ドル、2月8日に1032ドルと「恐怖の三段下げ」を体験したばかり。それが2月9日の五輪開幕とともに鳴りを潜め、気づいたら相場は半値戻しまで来た。為替レートも1ドル=105円の円高局面からやや戻している。

五輪終了後は、気になる材料が山ほど転がっている

スポーツの感動というものは、とげとげしい市場心理さえ忘れさせるものなのだろうか。そうだとすると、25日の閉会式とともに世界は再び荒れ始めるのかもしれない。26日以降には、気になる材料が山ほど転がっている。

ドイツではSPD(社会民主党)が、政権入りの是非を問う党員投票を行っている。もし答えが「ノー」だとCDU(キリスト教民主党同盟)との大連立構想が否定される。昨年9月以来の連立交渉が不首尾となれば、アンゲラ・メルケル首相の面目は丸つぶれ。いよいよ再選挙しかないだろう。その場合、反EU政党であるAfD(ドイツのための選択肢)が躍進するかもしれない。投票結果が判明するのは3月4日である。

その日はイタリア総選挙の投開票日でもある。五つ星運動、民主党、中道右派連合(フォルツァ・イタリアと北部同盟)の三極は、いずれも過半数を取れない見通し。これまた鬼が出るか蛇が出るか。次期政権の組み合わせ次第では、EU内の新たな火種となりそうだ。

3月5日からは中国の全国人民代表者会議が始まる。昨年秋に共産党大会が行われたばかりなので、その後の全人代は無風で人事が決まるというのが吉例である。ところがどうも様子がおかしい。習近平国家主席は、平昌五輪の開会式のみならず閉会式にも出席しないとか(次回冬季五輪の開催国なのに!)。どうやら国内が穏やかではないようにお見受けする。李克強首相の訪日が遅れているのも気になるところだ。

次ページ北朝鮮はどうなる?だが「五輪後」の注目は、やはりあの人
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。