平昌五輪後、世界は再び大荒れになるのか

北朝鮮も中東も欧州もリスクが「てんこ盛り」

さて、ここからは恒例の競馬コーナーだ。

競馬は2月24日から再び中山開催となる。「さあ、そろそろ本気出すか!」とばかりに、有力馬が動き出す。

25日の日曜日のメインレースは伝統の中山記念(G2、芝1800m)。ここから大阪杯など中距離路線に向かう馬、ヴィクトリア記念や安田記念などマイル路線に向かう馬、そしてドバイや豪州、香港を目指す馬も居る。今年は頭数こそ少ないがG1馬3頭が参戦し、密度の濃いレースが期待できそうだ。

中山記念の本命馬は、やっぱり「ステゴ産駒」だ!

3歳でマイルチャンピオンシップを制したペルシアンナイトが1番人気。過去にこのレースで3回勝っているミルコ・デムーロ騎手騎乗ともなれば、「鬼に金棒」と見える。ただし本来がマイラーであることと、休み明けに不安があることから評価を一段下げておきたい。

代わりに本命に推したいのは、中山金杯で惜しくも2着だったウインブライト。1800mはたぶんこの馬に一番合っている。やはり中山ではステゴ(ステイゴールド)産駒ですよ。

もう一頭、気になっているのはマイネルハニー。これまた父は「中山専用」とまで言われたマツリダゴッホだ。中山適性の高い2頭を中心に狙ってみよう。

寒風の中にも、徐々に温かみを増していくこの季節、伸び盛りの若駒たちのレースを見るのは楽しいものだ。もっとも花粉が飛び始めるので、ときに視界が涙に曇る。花粉症の同志諸兄はマスクと薬をお忘れなく。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 小幡績の視点
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。