「スナック通い」は定年後を楽しむ最強戦略だ

定年後に備えて40代からやっておくべきこと

人生100年時代をたくましく生き抜くには?(写真:assy / PIXTA)

近刊『世界一孤独な日本のオジサン』の中で、日本人の中高年男性が孤独になりやすい背景や「孤独」の危険性を掘り下げたが、高齢の男性などからは、「実感しているが、今さらどうしようもない」という声が多く聞かれた。

将来、孤独になりやすい男性の特徴

定年退職後、元気に出歩く妻を横目に、趣味もなく、友人も少なく、家に閉じこもりがちな男性の話をいたるところで耳にする。その子供や妻は、怒りっぽく、頑固になり、手のかかる男性たちに手を焼いている。周囲のそうした男性たちをプロフィリングすると、将来、孤独になりやすい男性の特徴は以下のような8つのものだ。

この連載の一覧はこちら

・会社勤め(サラリーマン)である

・転職経験がない

・仕事人間

・夢中になれる趣味があまりない

・「新しい友達」など、しばらく作っていない

・都会暮らし

・パパ友や近所など、会社以外の付き合いはあまりない

・「肩書」「会社の名前」が自分のアイデンティティ

趣味や友人との時間もないままに、同じ会社で仕事中心の生活を40年余過ごすと「名刺」=自分のアイデンティティになってしまう。田舎の地縁、血縁、近所付き合いもないままに退職とともに、放り出されて、自分の「居場所」を失い、「茫然自失」。企業というムラ社会の中で繰り広げてきた、「肩書」「地位」に基づく「ポジショントーク」が通用しない世界で、どうコミュニケーションをとればいいのか、と途方に暮れる……。

次ページ常態化する「孤独感」
関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。