「スナック通い」は定年後を楽しむ最強戦略だ

定年後に備えて40代からやっておくべきこと

人生100年時代をたくましく生き抜くには?(写真:assy / PIXTA)

近刊『世界一孤独な日本のオジサン』の中で、日本人の中高年男性が孤独になりやすい背景や「孤独」の危険性を掘り下げたが、高齢の男性などからは、「実感しているが、今さらどうしようもない」という声が多く聞かれた。

将来、孤独になりやすい男性の特徴

定年退職後、元気に出歩く妻を横目に、趣味もなく、友人も少なく、家に閉じこもりがちな男性の話をいたるところで耳にする。その子供や妻は、怒りっぽく、頑固になり、手のかかる男性たちに手を焼いている。周囲のそうした男性たちをプロフィリングすると、将来、孤独になりやすい男性の特徴は以下のような8つのものだ。

この連載の一覧はこちら

・会社勤め(サラリーマン)である

・転職経験がない

・仕事人間

・夢中になれる趣味があまりない

・「新しい友達」など、しばらく作っていない

・都会暮らし

・パパ友や近所など、会社以外の付き合いはあまりない

・「肩書」「会社の名前」が自分のアイデンティティ

趣味や友人との時間もないままに、同じ会社で仕事中心の生活を40年余過ごすと「名刺」=自分のアイデンティティになってしまう。田舎の地縁、血縁、近所付き合いもないままに退職とともに、放り出されて、自分の「居場所」を失い、「茫然自失」。企業というムラ社会の中で繰り広げてきた、「肩書」「地位」に基づく「ポジショントーク」が通用しない世界で、どうコミュニケーションをとればいいのか、と途方に暮れる……。

次ページ常態化する「孤独感」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT