体外受精も保険適用、フランスは女性に優しい

出生率2.0の国の不妊治療支援 

家族の形は人それぞれ 養子という選択肢も

フランスの生殖補助医療界では、体外受精の成功率も課題に挙がっている。生物医学機構のデータによると、09年時点の成功率は人工授精が12%、体外受精が24%となっており、体外受精の成功率が30%を超える米国と比べると低い。

冒頭のアンナさん夫婦は、体外受精を2回試したが、公立病院では長い待ち時間と、機械的な扱いに涙することもあったという。バカンスを挟むから次の予約は2カ月後──フランスではよくあることだ。

そこで、2回目の体外受精はパリ郊外の私立病院に変えて挑んだ。待ち時間は少なく、検査のためにラボに行く必要もない(フランスでは通常、血液検査などは検査専門の機関に別途予約をして行くことになる)。専門の精神科医もおり、精神面を支えてくれた。

私立病院は快適だが、保険がカバーする費用を超えると、自己負担となる。この病院の場合、人工授精で200ユーロ程度。アンナさんのように、年齢制限のタイムリミットを感じている人は“金より時”で、私立病院を選ぶ人も多いようだ。

結局、アンナさんの体外受精は失敗、42歳のときに不妊治療をやめ、養子という選択肢を選んだ。

アンナさん夫婦は6年前の不妊治療開始と同時期に、パリ郊外に家を建て始めた。いつか家族が増えることを考えて、パリ市内のアパルトマンでは手狭と考えたからだ。今、庭つきのマイホームには、両親とは肌も髪の色も違う5歳の男の子がいる。子どもは、妊娠を夢みていた頃から決めていたように、ドイツ語とフランス語を話すバイリンガルに育てている。出生のことを聞かれたら、すべて話すつもりでいる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT