ハーバード生の卵子は300万、卵子売買の今

卵子と精子はこう売買される

 世界で広がる不妊症。中でも“晩産化”が進む日本の状況は深刻だ。今や男の10人に1人が精子に問題を抱える時代。男も不妊とは無縁ではない。世界のカップルを悩ます不妊症、その最前線を追った(この連載は、週刊東洋経済2012年7月21日号「みんな不妊に悩んでる」を加筆修正したものです)。
全米最大手の精子バンク、クライヨバンクの精子タンク

巨大な米国の不妊ビジネス

世界一の経済大国である米国は不妊産業も巨大だ。

「女性の社会進出が進むにつれ、子どもを持つことを先送りにする女性が増えている」とカリフォルニア州のマリン・ファティリティセンターで不妊治療を行うピーター・ゼラック医師は指摘する。

全米では全カップルの約15%が不妊に悩んでいるといわれており、米マーケットリサーチ会社のマーケットデータ・エンタープライジーズは、米国における不妊産業の規模を、2008年時点で約40億ドルと推計している(下表参照)。

最も規模が大きいのは、他国と同じく、体外受精、顕微授精などの生殖補助医療(ART)だ。米国疾病管理予防センターによると、09年に米国で行われたARTの治療件数は、14.6万件。これらのART治療によって、約6万人の子どもが誕生している。

不妊産業において米国に特徴的なことがある。それは、精子や卵子の提供がビジネスとして成り立っていることだ。

次ページ日本からの注文も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT