ハーバード生の卵子は300万、卵子売買の今

卵子と精子はこう売買される

 世界で広がる不妊症。中でも“晩産化”が進む日本の状況は深刻だ。今や男の10人に1人が精子に問題を抱える時代。男も不妊とは無縁ではない。世界のカップルを悩ます不妊症、その最前線を追った(この連載は、週刊東洋経済2012年7月21日号「みんな不妊に悩んでる」を加筆修正したものです)。
全米最大手の精子バンク、クライヨバンクの精子タンク

巨大な米国の不妊ビジネス

世界一の経済大国である米国は不妊産業も巨大だ。

「女性の社会進出が進むにつれ、子どもを持つことを先送りにする女性が増えている」とカリフォルニア州のマリン・ファティリティセンターで不妊治療を行うピーター・ゼラック医師は指摘する。

全米では全カップルの約15%が不妊に悩んでいるといわれており、米マーケットリサーチ会社のマーケットデータ・エンタープライジーズは、米国における不妊産業の規模を、2008年時点で約40億ドルと推計している(下表参照)。

最も規模が大きいのは、他国と同じく、体外受精、顕微授精などの生殖補助医療(ART)だ。米国疾病管理予防センターによると、09年に米国で行われたARTの治療件数は、14.6万件。これらのART治療によって、約6万人の子どもが誕生している。

不妊産業において米国に特徴的なことがある。それは、精子や卵子の提供がビジネスとして成り立っていることだ。

次ページ日本からの注文も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。