新入社員は要注意、上司にはNGの言動とは?

自分の正当性を主張、ミスを報告しない…

上司にはNGの言動とは?(写真:liza5450 / iStock)
もうすぐ新年度。学生生活を終えて、社会人として働き始める方は期待と不安で胸がいっぱいの時期かもしれません。
入社するとまず受けるのが新人研修。そこでは「名刺の渡し方」など一般的なビジネスマナーが伝授されますが、実際の職場では「正しい」と言われているマナーだけでは立ち行かなくなる場面がしばしばあります。
本稿では、マナーやスキルより先に最低限知っておきたい仕事のルールについて、企業コンサルタントや手土産コンシェルジュとして活動する平原由紀子氏の「入社1年目女子 仕事のルール」から抜粋してお届けします。

 

上司が間違っている場合、指摘して良いのか

上司は、おそらく働き始めて初めて出会う目上の存在。どう接したらいいか、迷うこともあるでしょう。今回は上司との付き合い方を考えていきたいと思います。まず、上司も人間ですから、いつでも完璧なわけではありません。間違うこともあります。ですが、間違った時に「それは違います」と指摘すると、関係がこじれて、スムーズに仕事が進まなくなることもあるので注意が必要です。ここで、実際に先輩がしてしまった失敗談をもとに、少し考えてみましょう。

上司に「先日お送りしたメールの件いかがでしょうか」と確認したところ「そんなメールはもらってない」と。「送りました!」と伝えると同時に、前に送ったメールを探して再送したら上司が不機嫌になってしまった。(商社、管理職40 代)

確かに送ったのに、「メールを受け取ってない」と言われたら、すぐに送ったメールを再送したくなる気持ち、よくわかります。ここで、上司の立場になって考えてみましょう。上司はそんな態度を見て、どう感じるでしょうか?

メールの確認を忘れていたのは、上司の責任です。でも、前に送ったメールを再送されたら、まるで揚げ足をとられたかのように感じても不思議ではありません。そもそも、上司には毎日山のような数のメールが送られてくるので、どうしても見過ごしてしまうメールが出てきます。それなのに「送りましたよ」とばかりに証拠を突きつけられても、上司が嫌な気持ちになるだけです。自分の正当性を主張したところで、何の得にもならないのです。

次ページこういう時はどうすればいい?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT