小平奈緒が500mで金、36秒94の五輪新記録

スピードスケート日本女子初

 2月18日、平昌冬季五輪は、スピードスケート女子500メートルを行い、小平奈緒が36秒94の五輪新記録で優勝し、金メダルを獲得した。日本女子スピード勢で初の快挙(2018年 ロイター/Damir Sagolj)

[江陵(韓国) 18日 ロイター] - 平昌冬季五輪は18日、スピードスケート女子500メートルを行い、小平奈緒が36秒94の五輪新記録で優勝し、金メダルを獲得した。日本女子スピードスケート勢で初の快挙。

2010年バンクーバー、14年ソチに続く五輪3連覇に挑んだ地元韓国の李相花は37秒33で銀。小平と同走したカロリナ・エルバノバ(チェコ)が37秒34で銅メダルとなった。

郷亜里砂は8位、神谷衣理那は13位だった。

小平は金メダル獲得が決まった後、「周りが何も見えないくらい、すごくうれしかった。(金メダルは)考えないようにしていたこともあったが、すべて報われたような気持ち。最初から集中して本当に自分の持ち味を出し切れたレースだった」と喜んだ。

また会見では、小平がレース後抱き合った李に「たくさんのプレッシャーの中でよくやったね。リスペクトしているよと伝えた」と明かすと、李も「(小平は)特別な友達」と返し、互いの健闘を称えた。

*見出しを更新しました。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。