「ジャンプ観戦」が俄然、面白くなる基本7知識

「K点」「テレマーク」、正しく知っていますか

その飛距離と姿勢の美しさ、「美しく、遠くへ飛ぶ」ことを競うスキージャンプ。たった数秒のうちに起きているドラマとは?(写真:FINLAND / PIXTA)
みなさん、こんにちは! TBSアナウンサーの出水麻衣です。いよいよ本日、2月8日から、平昌オリンピックのスキージャンプ競技が始まりますね。
スキージャンプは、特にメダル獲得を期待されている選手が多いのですが、その中でも大注目はなんといっても「レジェンド」こと葛西紀明選手。史上単独最多の計8回も冬季オリンピックに出場している葛西選手は、日本だけでなく、世界中からも注目されています。
スキージャンプ競技は昔からなじみのある競技ですが、前回のソチオリンピックでは現地取材をさせていただき、あらためて選手のみなさんのすごさと、スキージャンプの魅力を実感しました。
そこで、スキージャンプをより楽しく、より身近に感じながら観戦していただくために、スキージャンプ競技の奥深い面白さについて、解説していきたいと思います。

知れば、「スキージャンプ」がもっと楽しくなる

「斜度30度!? 絶壁を時速90キロで滑り降りる」――もし、あなたが身ひとつでジャンプ台を滑れと言われたら、どうでしょうか。

こんな荒業を、スキージャンプの選手たちはいとも軽々とやってのけます。それに、空を飛ぶ姿はとてもきれいですよね。

出水 麻衣(でみず まい)/アナウンサー。東京都出身。上智大学外国語学部英語学科卒。2006年よりTBSアナウンサーとして「News23」や「王様のブランチ」などに出演。2008年北京、2012年ロンドン、2014年ソチ冬季オリンピック、その他、世界陸上やWBCを現地取材。現在は、TBS系列「世界ふしぎ発見!」「時事放談」、BS-TBS 「週刊報道LIFE」「外国人記者は見た!」、TBSラジオ「ナイツのちゃきちゃき大放送」などを担当(写真:TBSテレビ)

いよいよ平昌オリンピック。本日2月8日から、開会式に先駆けてスキージャンプ競技が始まります。各種目で選手たちがメダルをかけて果敢に挑みますが、スキージャンプもメダルへの期待がかかる大注目の種目です。

平昌オリンピックが近づくにつれて、スキージャンプの報道がメディアをにぎわせていますが、「よく聞く『K点』『テレマーク』って何のこと?」と疑問に思っている人もいるかもしれません。

また、同じジャンプ競技でも、男子は「ノーマルヒル」「ラージヒル」「団体」の3競技がありますが、女子は着地の際などの身体的な負担の大きさを考慮し、「ノーマルヒル」のみの競技です。しかもオリンピック種目に正式採用されたのは、実はつい最近など、意外に知られていない事実もたくさんあります。

本記事では、スキージャンプを「より楽しく」見られるように、スキージャンプの基礎知識を紹介したいと思います。

次ページ空を飛んでいるときのスピードは?
関連記事
トピックボードAD
  • 発達障害者と働く時代
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。