「異動したい」と思ったら、まずやるべきこと

自分の「思考の癖」に合わせたやり方がある

開発の時間軸が長すぎて仕事にやりがいを見つけられません(写真:Geber86 / iStock)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

初めまして。メーカーで技術者をしている入社3年目の者です。人に喜んでもらえるモノ作りをしたいと考えて、今の会社に就職しました。
現在の仕事は、環境問題・エネルギー関連の部署のため、社会課題からはっきり見えていないターゲット層を仮説で想定して、製品の方針を考えるといったスタンスで開発を行っています。
しかし、今の仕事は開発の時間軸が長すぎて(開発目標が2030~2050年)、「誰にどんな価値を提供するか」ということの実感が湧きにくく、仕事にやりがいを見つけられません。
自分としては、「誰にどんな価値を提供するか」ということをはっきりと認識したうえで、仕事がしたいと思っています。
以下が、相談させていただきたい内容なのですが、今の私には、「この製品の開発に携わりたい」という特定の思いがないため、「どこに異動したいの?」と聞かれたときに、答えられない状態です。
周りの同僚は、介護ロボット・地中探索ロボ・オーディオ関連の開発・AI・海外マーケティング等々の具体的な目標を持っています。
なりたい職業にはなれましたが、私の今の状態で、やりたいこと(担当したい製品や事業)を見つけるためにはどんな行動をするべきなのでしょうか。
会社員 小林

製品化が先であればモチベーション維持は困難だ

製品化が近い、できる限り開発の時間軸の短い分野で、なおかつ最終消費者であるユーザーの顔が見えるような、そういった仕事に従事したい、要はそういうことですね。

この連載の記事一覧はこちら

頂戴した文章を拝見すると、おそらく小林さんは、自分が開発に携わった製品が市場投入されユーザーが実際に活用しているシーンを見ることで、リアルに世の中に存在するニーズを満たすような仕事をしていると感じ、モチベーションが上がるのだと思います。

確かに、製品化が20年以上も先の話であれば、モチベーションを維持することは困難でしょう。

そのような中で、異動希望を出すにもやりたい具体的製品がないがゆえに、まずはそういった対象を探す手法を模索されている、そういったことかと思われます。

次ページその一方で…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT