「起業家という名の無職」になりがちな人々

実務での実績がなければ誰も寄ってこない

自分には実績がありません……(写真 : Ushico / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

私は20歳から、正規の小学校教諭として5年勤務していました。その後、東京で約1年特別支援教育に携わり、そこから約1年間青年海外協力隊としてアフリカで教育に関するボランティアをしました。
現在帰国し、新たな仕事探しの最中です。自分の気持ちとしては、世界などを少し見ていろいろ体感したうえで、初等教育以外に関わる仕事をしたいと考えています。
具体的には、
1)自己実現を支援する仕事(コーチング、人材育成など)
2)自分で新しい何かを作り出す仕事(クリエイティブ系の職業や、アイデアを形にしたり、仕組みづくりをする仕事)
この2つが気になっていて、どちらに踏み出そうかとても迷っている状態です。どちらも、自分には資格やこれといった実績、技術がありません。それを身に付けるための資金もない状態です。
そんな状態でこんなことを言うのは甘いのですが、最終的には、どちらもやれる形の働き方を、創り出したいと考えています。そのためには、どのようなキャリアの切り開き方がいいのか、アドバイスをいただけないでしょうか。とても甘い考えだと思いますが、ご指摘いただけるとありがたいです。よろしくお願いします。
S

やりたいことの実現に必要なのは…

この連載の記事一覧はこちら

ご自身でやりたいことをすでに固められていることに加え、教育関係で海外へ行ったりと着々と前進されているあたり、Sさんはキャリアについて非常に真摯に考えていらっしゃることがうかがえます。

さて、やりたいことを実現するにあたり技術も資金もないのでどうしたらよいかということですが、まずやりたいことの実現に必要なのは、その分野における実績ややりたいと強く思う心。これだけです。

次ページ自己実現を図ってきた先人の話を聞きたい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。