「やりたい仕事」を探し続けるのは無意味だ

「守り」に入る時期を見誤ってはいけない

やりたい仕事をもっと探すべきなのでしょうか?(写真:tkc-taka / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

現在、自動車整備士としてディーラーで働いています。仕事の内容や人間関係などから辞めようと思い転職活動を始めました。
違う内容の仕事がしたいのと同時に、実家からではなく県外で働きたいと探したところ、食品加工の仕事でいい返事がもらえました。ただ、周りからはそれが自分のしたいことなのか、そこでいいのか、少し冷静に考えろ、などと言われました。
仕事の内容は正直やりたいというわけではなく、また給与や待遇がそこまでいいわけではないのですが、仕事の内容が未経験でもやりやすいことと、自分のためにアパートの部屋をいくつか探してくれたりと、会社の人がいい人たちだと思いました。
ほかにもやりたい、やってみたい仕事はあるのですが、それが実現できるのか不安でもあります。
向いているかどうかわからないけどやりたい仕事をもっと探すべきなのか、今返事をもらってる会社で働くべきなのか、迷っています。
自動車整備士 カマタ

今は攻めの時期ではなく、守りの時期だ

今オファーを貰っている会社で良いか否かはカマタさんが現在の職を辞めようと思ったきっかけによります。

この連載の記事一覧はこちら

頂戴した文章を拝見するに、カマタさんは現在の職場における人間関係に嫌気がさし、なおかつ現時点においては「これだ」と思える仕事が特段あるようには思えません。

前者について考えると、カマタさんにとって仕事をするうえで人間関係や環境が非常に重要であるということが想像されます。したがって、仕事を選ぶ際には同僚や上司とご自身との相性であったり、ご自身が働きやすいと思えるような環境であることが前提条件となるでしょう。

そこに問題がある職場だとすると、再度同じことになりかねず、また人間関係に嫌気がさして転職を繰り返すようになってしまいます。

もちろん、そうだとしてもやりたいという確固たる信念を持てる仕事があればよいのですが、現在のカマタさんはそういった状況ではないものと思われます。

そのようなときに、考えるべきは「攻め」ではなく「ディフェンス(守り)」です。

次ページ自分自身がいかにサバイブするか
関連記事
トピックボードAD
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。