フィギュア坂本選手優勝…2位三原、3位宮原

四大陸選手権、日本は3度目の表彰台独占

 1月26日、フィギュアスケートの四大陸選手権、女子では坂本花織(中央)が合 計214.21点で優勝。三原舞依(左)が2位、宮原知子(右)は3位となった (2018年 ロイター/Tyrone Siu)

[26日 ロイター] - フィギュアスケートで欧州以外の国と地域が参加する四大陸選手権は26日、台北で競技を行い、女子ではショートプログラム(SP)2位の坂本花織がフリーで1位の142.87点をマークし、合計214.21点で優勝した。

昨年の同大会覇者でSP3位の三原舞依は合計210.57点で2位。2016年大会で優勝し、SP首位だった宮原知子はフリーでジャンプの回転不足や転倒もあり、207.02点の3位となった。

女子で日本の3選手が表彰台を独占したのは2003年、2013年大会に続き3回目。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。