フィギュア坂本選手優勝…2位三原、3位宮原

四大陸選手権、日本は3度目の表彰台独占

 1月26日、フィギュアスケートの四大陸選手権、女子では坂本花織(中央)が合 計214.21点で優勝。三原舞依(左)が2位、宮原知子(右)は3位となった (2018年 ロイター/Tyrone Siu)

[26日 ロイター] - フィギュアスケートで欧州以外の国と地域が参加する四大陸選手権は26日、台北で競技を行い、女子ではショートプログラム(SP)2位の坂本花織がフリーで1位の142.87点をマークし、合計214.21点で優勝した。

昨年の同大会覇者でSP3位の三原舞依は合計210.57点で2位。2016年大会で優勝し、SP首位だった宮原知子はフリーでジャンプの回転不足や転倒もあり、207.02点の3位となった。

女子で日本の3選手が表彰台を独占したのは2003年、2013年大会に続き3回目。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT