フィギュア坂本選手優勝…2位三原、3位宮原

四大陸選手権、日本は3度目の表彰台独占

 1月26日、フィギュアスケートの四大陸選手権、女子では坂本花織(中央)が合 計214.21点で優勝。三原舞依(左)が2位、宮原知子(右)は3位となった (2018年 ロイター/Tyrone Siu)

[26日 ロイター] - フィギュアスケートで欧州以外の国と地域が参加する四大陸選手権は26日、台北で競技を行い、女子ではショートプログラム(SP)2位の坂本花織がフリーで1位の142.87点をマークし、合計214.21点で優勝した。

昨年の同大会覇者でSP3位の三原舞依は合計210.57点で2位。2016年大会で優勝し、SP首位だった宮原知子はフリーでジャンプの回転不足や転倒もあり、207.02点の3位となった。

女子で日本の3選手が表彰台を独占したのは2003年、2013年大会に続き3回目。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT