目標倒れに終わる人は「設定」を間違えている

現実的で達成・測定可能な数字にしてみよう

「SMART」とは、Specific(目標が明確、具体的)、Measurable(測定可能な)、Achievable(達成可能な)、Realistic(現実的な)、Time-bound(期限のある)の頭文字をとって、SMARTの法則と呼ばれています。

では、どのようにして、目標設定をすればいいのでしょうか?

「SMARTの法則」に合わせた目標設定とは

SMARTの法則に合わせ、「ダメな目標設定」と「よい目標設定」を例に出して話しを進めていきます。

例)ダメな目標設定:昨年より、多くのお客さまを訪問する
よい目標設定:半期(6ヶ月)の売上げ目標3000万円の達成

ダメな目標設定は、なんとなく曖昧なのは分かりますが、よい目標設定のケースでも、この目標設定を見ただけでは、実際にこの目標が達成できるのか、できないのか、設定自体が合っているのか、合っていないのか分かりません。「SMARTの法則」に基づいて、チェックをしていきましょう。

①Specific(目標が明確、具体的)

どのような目的があって、目標を設定したか、その内容は具体的になっているかです。

●例1のダメな目標設定の場合、新しいお客さまを獲得するために、新規の顧客を重点的に訪問するのか、既存のお客さまの訪問回数を増やすことで、潜在的なニーズを見つけるのか、方法論を明確にする必要があります。例えば、「新規のお客さまとの取引を増やすため、昨年より、多くの新規顧客を訪問する」とした方が、具体的になります。

●例1のよい目標設定の場合、内容は明確です。しかし、半期で3000万円という数字は、会社の目標やビジョンに合わせて設定したのか、自分への負荷を増やし、成長するために設定したのかなど、数字に対する目的を明確にすることで、より具体的な目標になります。

②Measurable(測定可能な)

数字で表せば、たいていは測定可能となります。誰が見ても可否を判断できるようにしないといけません。

●例1のダメな目標設定の場合は、昨年より多くといっても、「どれくらい多いのか?」「その件数は何件なのか?」など、誰が見ても分かるよう数字に表さないといけません。この場合であれば、昨年が「月に100件」ならば、今年は、「月に120件」で1.2倍などと、きちんと測定できる数字にします。

次ページ3つ目は…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
クスリの大罪<br>製薬会社、医師、薬局…癒着の構図

薬の処方はどうやって決まるのか。「病状」だけだと思ったら大間違いだ。製薬マネーを介した癒着の構図を明らかにし、学会有力者への謝礼金リストを初公開。ムダな薬による深刻な健康被害にも言及。その薬、本当に必要ですか?