恐怖!「5時から仕事おじさん」の実態と対策

定時を過ぎてから本気を出す

会社がつらい、辞めたい……。そう思う人は、仕事そのものというより、職場の人間関係で行き詰まっていることも多いかもしれません。自分自身に原因があるとは限りません。会社のあちこちに生息する「困ったおじさん、おばさん」に追い詰められていることも。
そんな恐るべき現場を数多く見てきたのが、元外資系OLでコラムニストのずんずんさん。この連載では、そんな彼らの生態を解き明かし、対策も考えていきます。

新年あけましておめでとうございます。ずんずんです。イケてる東洋経済オンライン様のイケてるビジネスメンたちのために今年も獅子奮迅の勢いで……今年もよろしくお願いします!

さてはて、年始年末のお休みもさくっと終わって、お仕事モードの方も多いかと思われますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。年が変わってもオフィスにお悩みは尽きないものですよね。

たとえば、仕事をしてくれない上司なんて、それこそ年が変わっても、仕事してくれませんよね。お前は何のためにここ(※オフィス)に存在しているんだ?と相手の存在意義という宇宙的命題まで考えさせてくれる大いなる存在です。

しかし、その働かないおじさんが、実は定時間近の5時から働くおじさんだったらどうでしょうか。もしかしたら、そのおじさんは「5時から仕事おじさん」なのかもしれません。

部下を悩ませる「5時から仕事おじさん」

ずんずんさんによる新連載。この連載の一覧はこちら

本日の困ったおじさんは、エントリーナンバー3「5時から仕事おじさん」をご紹介したいと思います。

「5時から仕事おじさん」はその名のとおり、5時過ぎから仕事を始めるおじさんです。おじさんは、5時過ぎから突然、機敏に動きだします。始業から5時までいったい何をしていたかと言いますと、多分電池が切れていたんだと思われます。充電に7時間ほどかかるという、iPhoneXもびっくりなおじさんです。

ワークスタイルは人それぞれですから、このおじさんが5時から働き始めたとしても何も問題がないと思いますが、部下にとっては大問題です。

次ページ5時から仕事おじさんを上司に持ち、苦労したAさん
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT