中学高校生が「シンデレラ」を読むべき理由

ディズニーだけでは捉えきれない多層な世界

なぜ中高生こそ本を読むべきなのか? 中野京子さんに聞きました(写真提供:NHK出版)
あなたのお子さんは本を読みますか?「まったく読まない」と嘆いている親御さんも多いのではないでしょうか。
では、なぜ読む必要があるのか、「読書の有用性」をきちんと説明できているでしょうか。親が説明できれば、状況はきっと違ってくるはずです。
ドイツ文学者であり、著書『怖い絵』で新たな絵画の見方を提言した中野京子さんは、中学生や高校生時代に、本を読むことの重要性を説きます。
新著『別冊NHK100分de名著 読書の学校 中野京子 特別授業 シンデレラ』で物語の奥深い世界に切り込んだ中野さんに、読書の味わい方について語っていただきます。

スマホは受け身、読書は能動的

インターネットやスマホ、ゲームなどの影響で、子どもが本を読まなくなって久しいと言われます。しかし、まったく関心がないかと言えばそうではなく、膨大な数の本を前にして、「この中から読みたい本を自分で見つけるのは大変だし、面倒くさいし、まあいいか」というのが実情ではないでしょうか。

ネットやスマホは自分の興味のあるものだけを選ぶことができます。ワンクリックですぐに欲しい情報が手に入るので、余計なことを考えなくていい。でも、その与えられる情報は一方的なので、どうしても受け身になります。

それに対して読書は、自分が咀嚼(そしゃく)して消化するものだから能動的です。甘いもの、おいしいものだけでなく、苦いもの、辛いもの、まずいものなど、さまざまな味を知り、そのうえで自分に合ったもの、好きなものを選びとっていく。「選ぶ」という行為はネットやスマホと同じであっても、自分の頭で「考える」という行為があるのとないのとでは、まったく次元は異なると言ってよいでしょう。

ティーンエージャーである中学生や高校生は、子どもから大人へと至る最も感受性が豊かで、みずみずしい感覚をもっている時期です。吸収力があり、受けた感動は一生ものになる場合も多い。この時期だからこそたくさんの本を読んで、よい本に出合うことが必要だと私は思うのです。

次ページ「強制的」に本を与えることも必要
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大空室時代が来る!<br>不動産投資サバイバル

ブーム一服の不動産投資。空室率悪化、女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」破綻など危うい気配も。多額のローンを抱えるサラリーマン投資家はどうなる?最新空室率マップも掲載。