衝撃!サルの脳に「直接情報を注入」した結果

将来的には脳に損傷を負った人の助けにも

米ロチェスター大学の2人の神経科学者が、サルの脳の運動前野に直接情報を送る実験に成功したとする論文を発表した(イラスト:Christoph Hitz/The New York Times)

車を運転していて交差点に入るとき、信号が赤に変わるのが見えたらあなたはブレーキを踏むだろう(そうしなければならない)。この行動は、あなたの頭の中で起きている一連の活動のおかげだ。

あなたの目が脳の後方にある視覚中枢に信号を伝達する。それらの信号は処理されると、経路をたどって運動前野という脳が運動の計画を立てる部位へと送られる。

サルの運動前野に直接情報を送信

ここで想像してみてほしい。この経路を近道して、運動前野に直接情報を「注入」できる装置を脳に埋め込んだとしたら──。

映画『マトリックス』のワンシーンのように思えるかもしれない。しかし、ロチェスター大学の2人の神経科学者が、サルの運動前野に直接情報を送る実験に成功したとする論文を学術誌『ニューロン』で発表した。

研究は2頭のサルでのみ行われた予備的なものだが、研究が進めば脳卒中を起こした人の脳に応用できると研究者らは考えている。

「損傷を負った脳の部位を迂回して、運動前野に刺激を送ることが可能になるかもしれない」と、研究の共同執筆者ケビン・マズレクは言う。「コミュニケーションができなくなった脳の部位に橋をかける方法の1つになり得る」

次ページ実験結果が示すのは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。