事実!女性医師のほうが患者の死亡率が低い

同研究が「今年影響力の高かった論文」3位に

女性医師のほうが男性医師よりも患者の死亡率、再入院率が低い(写真:Ushico / PIXTA)

映画がヒットしたかどうかは興行収入ランキングを見ればいいし、本が多くの人に読まれているかどうかは売り上げランキングを見ればわかる。しかし、研究者が書く「論文」に関してはどうすれば"人気度"がわかるのだろうか。

もちろんノーベル賞のようなバロメーターがある。しかし、研究結果が論文になってからノーベル賞を受賞するまでに20年以上の時間がかかることも多いとされている。最先端の研究結果のうち、重要な発見をもっと早く知る方法はないのだろうか。

どの科学雑誌に載ったかで評価される

一般的に、論文はどの科学雑誌に載ったかで評価される。皆さんも聞いたことのある『ネイチャー』や『サイエンス』と呼ばれる一流紙は採択基準が極めて厳しい。そのため、これらの雑誌に掲載されたということは、研究の質が高く、得らえた知見が重要であると認められたということを意味する。

そして、科学雑誌ごとにインパクトファクターと呼ばれる、どれだけ頻繁に引用されているかを表現する点数がつけられており、この点数が高い雑誌ほどいい雑誌(権威のある雑誌)であるとされている。しかし、インパクトファクターは科学雑誌ごとにつけられており、論文ごとについているわけではない。権威ある雑誌に掲載されたからといって、その論文がインパクトがあったかどうかはわからないのだ。

論文ごとにどれくらい引用されたかという指標(被引用数)もあるが、引用されるまでに時間がかかるため、タイムリーに論文の重要性を評価することができない。

これらの問題を解決するために新しく開発され注目を集めているのが、「オルトメトリクス」という指標である。

次ページオルトメトリクスとは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT