事実!女性医師のほうが患者の死亡率が低い

同研究が「今年影響力の高かった論文」3位に

この数字だけ見ると「それだけしか変わらないのであれば、どちらでもよいのでは?」と思う人もいるかもしれない。しかし、死亡率を下げるというのは実はとても大変なことなのである。米国における2003~2013年の高齢者の死亡率の低下と、男性医師と女性医師の患者の死亡率の違いはほぼ同じレベルであった。

過去10年には医療技術が進歩し、数多くの新しい薬が開発されているが、これらを総合したインパクトと、医師の性別のインパクトがほぼ同じ大きさというのは、医師の性別が患者の健康に無視できないほどの影響があるといえるだろう。

外科では医師の性別による患者の予後の違いはない

筆者たちの研究では内科医を対象にしていたが、外科医の場合はどうなのだろうか。

今年の10月には、他の研究チームが、カナダのオンタリオ州のデータを使って外科医の性別の影響を調べた。その結果、執刀医が女性だった場合のほうが、死亡率が低いと報告された。しかし、患者が執刀医を選んでいる可能性を取り除くために、患者が医師を選べない緊急入院に限って解析を行うと、外科医の性別による患者の死亡率の違いはないという結果であった。つまり、外科医に限って言うと、医師の性別による患者の予後の違いはないと考えられる。

なぜ女性の内科医のほうがよい結果を残せるのだろうか。実は、女性医師のほうが質の高い診療をしていることを示唆する研究は複数ある。過去の研究によると、男性医師と比べて女性医師のほうが診療ガイドラインにのっとった治療を行う傾向があり、予防医療をより多く提供し、患者とのコミュニケーションスキルも高いと報告されている。

興味深いことに、男性医師のほうが質の高い医療を提供しているという研究結果はほぼ皆無である。

一昔前に、『話を聞かない男、地図が読めない女』という本が日本でも大流行したが、男性と女性は違う生き物であることに異論を唱える人は少ないのではないだろうか。経済学や心理学の世界では、性別によってリスクに対するとらえ方に違いがあるかどうかを調べた研究が、数多く行われている。

過去の研究結果の多くが、男性よりも女性のほうがリスク回避的(不確実性を好まない)であるという傾向を認めた。女性医師がよりガイドラインにのっとった医療を提供したり、患者の話をより丁寧に聞くのも、女性のほうが「石橋をたたいて渡る」性格があるからなのかもしれない。

患者の立場からすると、医師を性別によって選ぶ必要はないだろう。もちろん男性医師の中にもすばらしい名医がいて、女性医師の中にも質の高くない医療を提供している医師もいるからである。しかし、少なくとも、「担当医が女性だったからといって心配に思う必要はない」ということは覚えておいて損はないだろう。特に内科の病気で入院になって、担当医が女性であることがわかった場合には、きちんと話を聞いてくれる可能性が高く、質の高い医療を受けられる確率も高いのだから。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT