ビットコインの本質とは、いったい何なのか

仕組みを知らずして何も語ることはできない

中島:基本的には、コンピュータの計算能力をたくさん持った人が勝つ確率が高い。

木本:じゃあ、大きな会社がやればやるほど儲かるのがマイニングだと。

中島:そのとおりです、以前にある政治家が「2番じゃダメなんですか」という質問をしたことがありましたが、マイニングは2番じゃダメなんです。

木本:マイニングで2番になってもまったく意味はないと。たくさんのコンピュータを持って確率を高めるしかないんですか。

中島:はい、鉱山で金を掘り当てるように、無から有を生む作業なので「マイニング」と呼ばれているんですね。

マイニングはビットコインを支える不可欠な仕組み

木本:先ほど、2100万枚の中で、今どれくらい掘られているんですか。

中島:これもあとで詳しく説明しますが、すでに79%が掘削されています。

木本:もう、79%も掘られてしまっている!

中島:これからは先細りです。それをやるのがマイナー、つまりマイニングをする人というか企業です。ビットコインでは、マイニングをやらないと取引が確定しません。前のブロックのデータを使って計算をしないと安全性が確保できませんから。途中改ざんができないようにするための仕組みなので、必ずやらなければなりません。

善意のボランティアで、やってもやらなくてもいいという状態では、ビットコインのシステムは安定的に稼働しません。だからマイニングに成功した人には、必ず報酬が与えられることにしています。マイニングはわかりにくい仕組みですが、実はビットコインの肝であり、安全性を確保するためには不可欠な仕組みなのです。

(構成:高杉公秀)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT