通達で暗転、中国・ビットコイン取引所の嘆き

日本とは真逆、宴に取り残された幹部が告白

中国では突然の規制、ビットコインはどこに向かうのか(写真:中国の複数の仮想通貨取引所が協力して製作したドキュメンタリー映画『比特币-塑造未来(ビットコイン―未来を作る)』(4月公開)から引用)

「普通の国なら政府を訴えているところですよ」。中国仮想通貨取引所の幹部はそう嘆いた。

ビットコインをはじめとする仮想通貨価格が急騰している。ビットコインの価格は年初の998ドルから7377ドルと7倍もの値上がりを記録している(11月5日、BLOCKCHAIN調べ)。その原動力となっているのが日本人だ。今年4月の改正資金決済法で、仮想通貨が「合法化」されたことで、一気に投資マネーが流入した。

バブルまで懸念される、日本の「仮想通貨の宴(うたげ)」に嫉妬しているのが中国の仮想通貨取引所関係者だ。もともと日本よりはるかに先行していた彼らだが、当局の規制に翻弄され、ついには10月31日をもって仮想通貨取引業務の禁止を余儀なくされた。中国仮想通貨取引所の現状と今後を知るべく、筆者は中国広東省にある中国仮想通貨取引所を訪ねた。

4年前に第1次ブーム

取材に応じたのは従業員60人の中堅取引所だ。2013年6月にブロックチェーン技術に関する情報サイトとしてスタート、同年8月に仮想通貨取引業務を開始した。2017年に入りビットコインの価格が急騰、ユーザー数が一気に増加し、追い風が吹いてきたところだったが、突然の規制で状況は一変してしまった。

取引所幹部のW氏は、匿名を条件に静かに語り始めた。

「2012年に北京市中関村に中国初のビットコイン取引所が成立した。その後、無数の取引所が相次いで誕生した。この第1次ブームは2013年末まで続く。転機となったのが当局の規制だ」

2013年12月6日、中央銀行、工業情報化部、中国銀行業監督管理委員会、中国証券監督管理委員会、中国保険監督管理委員会は合同で「ビットコインリスクの防止に関する通達」を発表する。仮想通貨を通貨として認めた日本とは真逆に、「特定のバーチャル商品であり、通貨と同等の法的地位はない」と定義。金融業の仮想通貨業務参入禁止、取引所の登録制、マネーロンダリング防止措置の導入などが盛り込まれた。

次ページ業務は大きく2つに分けられる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。