高騰したビットコイン相場はいつか崩壊する

今後の展開は政府の政策に左右される

ビットコインはバブルなのか(写真:David Gray/ロイター)

仮想通貨ビットコインはバブルなのか。それとも、金融とITが融合するフィンテック時代を先取りするすばらしい投資なのか。仮想通貨の技術は今後も発展するだろうが、高騰したビットコイン相場はいずれ崩壊する──これが私の見立てだ。

ビットコインの価格はこの1年で7倍、2年で17倍になった。1ビットコインは10月初旬時点で4200ドル以上の値をつけ、1オンスの金の3倍を超す価値がある。ビットコインの熱狂的な支持者の間には、今後数年間、価格はさらに上昇するとの見方がある。

日本で成功しているビットコイン

今後の展開は、政府の対応に大きく左右されるだろう。脱税や犯罪を容易にする匿名の決済システムを当局が許容し続けるのか、政府が自前のデジタル通貨を創り出すことはないのか、といった問題がある。「イーサリアム」など競合する仮想通貨がどこまで普及するかも重要なポイントになる。

ビットコインの技術をコピーしたり改良したりするのは、理論上は簡単だ。しかし、ビットコインが打ち立てた信用面でのアドバンテージや運用面での広がりを模倣するのは、それほど簡単ではない。

今のところ、世界各国の規制は錯綜している。中国政府はキャピタルフライト(資本逃避)や脱税に悪用されることをおそれ、ビットコインの取引を禁止したばかりだ。一方、日本はビットコインを正式な通貨として認めた。フィンテックの世界的拠点となることを狙った動きとみられる。仮想通貨の規制において、米国はためらいながらも日本に続こうとしている。だが、最終的な規制の形がどうなるかは、まったく見えていない。

空前の高値を正当化するのに、ビットコインはすべての戦いに勝つ必要はない。日本は世界第3位の経済大国だが、現金流通残高は国内総生産の約2割にもなり、現金を好む傾向が例外的に強い。そうした国でビットコインが成功を収めているということは、それだけで大きな勝利だ。

次ページ日本が背負ったリスク
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT