仮想通貨が普及すると、銀行は苦しくなる!?

もしもビットコインがアマゾンと組んだら?

もしも、ビットコインがアマゾンと組んだらどうなる?(写真:redpixel / PIXTA)

「仮想通貨」が話題になっています。何しろ、2015年当時は4万円程度だったビットコインの値段が、今では40万~50万円程度にまで値上がりしているのです。急激な価格上昇によって、株式やFXのトレードを行っている短期トレーダーも、仮想通貨に注目し始めました。はたして、仮想通貨はリアル通貨に取って代われるだけの力を持ちうるのでしょうか。

なぜヘッジファンドまで仮想通貨に投資しているのか

この連載の一覧はこちら

中野:今回、「仮想通貨について語れ」というお題を編集部から頂戴したのですが、正直、仮想通貨ってよくわからない。でも、先般のニュースによると、ヘッジファンドが仮想通貨を投資対象としているそうです。正直、驚きました。そこまで仮想通貨って、一般的になってきているのかと。

藤野:仮想通貨といえば、いちばん有名なのがビットコインで、それ以外にもイーサリアムとか、ビットコインキャッシュ、リップル、ライトコインといったものがあって、ビットコイン以外の仮想通貨を「アルトコイン」などと称しているそうですが、今、ETF(株価指数連動型投資信託)に組成しようとしているのがビットコインですね。

渋澤:まあ、ETFとして組成・上場させるかどうかはともかくとして、現状、仮想通貨って市場規模が小さいし、そもそも需給がどうなっているのか、まったく読めませんよね。

中野:ヘッジファンドがなぜ仮想通貨に投資しているのかというと、ほかの資産の値動きに対して無相関だからでしょう。それ以外の理由は考えられません。

渋澤:とはいえ、ヘッジファンドも収益に対するプレッシャーがありますから、需給などを読んで、値上がりするという見込みがあるのかもしれません。

次ページ仮想通貨で儲かった場合、税金はかからない?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT