フィンテックで何が起こるか知っていますか

「口座格差」が銀行再編を引き起こす

実は「銀行の事業モデルそのもの」を変えかねないパワーを持っているのです(写真:Graphs / PIXTA)

この4月から銀行関連の規制が緩和され、金融(ファイナンス)と技術(テクノロジー)を掛け合わせた造語である「フィンテック」の分野における企業買収や設立がやりやすくなった。さっそく、4月1日に「三井住友フィナンシャルグループが新会社を設立する」と日本経済新聞朝刊が報じた。ネット通販での決済のときに、スマートフォンで本人確認できるシステムを提供する会社だという。

今、金融を取り囲む環境は大きく変化している。ニュースを見れば、「地方銀行の再編」などの報道のほかにも、メガバンクや地方銀行の「フィンテック」の取り組みや、時価総額で2兆円を超えたと言われる仮想通貨の「ビットコイン」といった言葉が連日、飛び交っている。こうした流れの中で、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は2017年中に仮想通貨「MUFGコイン」を発行すると発表した。いま、金融の世界ではいったい、何が起きているのだろうか?

「預金」を元手にした銀行の商売が崩れる

日本の金融、特に銀行を取り巻く環境は、バブル期以降、異常な状態に置かれてきた。バブルのころは、銀行の利息は普通預金で2%、定期預金なら6%以上もついた時期があり、預けているだけで資産運用ができた。その反動でバブル崩壊後から長らく続いている低金利の下では、銀行の預金口座は、多くの人にとっては資産運用の手段ではなくなっている。ほとんどのケースでは、銀行口座は単なる「決済口座」あるいは「金庫」として利用されてきたのではないだろうか。

ところが、フィンテックの登場で、銀行とわれわれの関係が変わろうとしている。「預金口座で資産を増やす」ということができない状況では、テクノロジーを活用することで「口座の使い勝手がどうよくなるか」に利用者の関心がシフトしているとも言える。

こう書くと、「銀行の預金口座の使い勝手が変わることが、そんなに重要なことなのか?」と言う人もいるかもしれないが、拙著『銀行はこれからどうなるのか』でも詳しく解説しているように、この「使い勝手」は、今後、金融業界の地図を大きく塗り替える可能性を秘めている。

次ページ預金口座の使い勝手が変わったらどうなる?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT