フィンテックで何が起こるか知っていますか

「口座格差」が銀行再編を引き起こす

ここに挙げた機能の一部は、すでに実現できているものもある。デジタル・ウォレットは「これらを統合して、ワンストップで利用できるサービス」であることが特徴だ。

誰が運営するのかがポイントに

今後は、「このデジタルウォレットを誰が運営するのか」というのが重要なポイントとなってくる。銀行やその関連企業が主体的に運用するケースもあるだろうし、すでにスイカやパスモなどを運営している鉄道会社でもよいし、アマゾンなど利用者との接点を多く持っているIT企業であってもよい。

デジタルウォレットは、新しい競争環境を生み出すことになる。その理由は、同じ土俵の上で、サービスの使い勝手などを利用者が簡単に比較できるからだ。多くの人が日常で体験していることだが、同じ機能のサービスを3つも4つも使い分けることはほぼない。使うのはせいぜい1つか2つだ。こうした状況で利用者に選ばれない銀行からは、預金が流出することになる。またその銀行は、冒頭に述べたように、銀行として事業モデルが成立しなくなる。

『銀行はこれからどうなるのか』(クロスメディア・パブリッシング)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

フィンテックというと、「利用者が金融サービスを簡単に使えるようになる」というイメージが先行しているように見えるが、実は「銀行と利用者のつながり方」、ひいては「銀行の事業モデルそのもの」を変えかねないパワーを持っている。

このように、今後、テクノロジーによって、預金口座を起点としたサービスは大きく変化してくるだろうし、これまでのようにどこの銀行でも同じサービスが受けられるという状況ではなくなっていく。たとえばA銀行の口座なら、預金からプリペイドへのチャージが簡単にできて、利用するたびにポイントを貯められたり、株や投資信託をスマートフォンで手軽に買えたりするのに、B銀行ではそれらが一切できないといった「口座格差」が生まれてくるのだ。

この格差が簡単には埋まらなくなり、利用者が銀行をあらためて選択し直すようになれば、利用者に選ばれない銀行は、「選ばれる銀行」にすり寄って行かざるをえない。このことは今後、銀行再編の大きな引き金になると予測される。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。