ビットコインの本質とは、いったい何なのか

仕組みを知らずして何も語ることはできない

中島:ハッシュ関数では、少しでも異なるデータはまったく異なるハッシュ値になります。ビットコインではSHA−256というハッシュ関数が使われていますが、膨大な取引データがあってもハッシュ関数によって圧縮できるんです。

木本:ハッシュ関数をかますことのメリットはなんでしょう。

中島:ブロックの容量が決まっているので、データをなるべく小さくしたいわけです。だから圧縮するんですが、1つ前のブロックのデータを使っているので、前のブロックの取引データを変えると次のブロックも変わってしまうので、データの変造や偽造ができないわけです。こうした仕組みが連続している。

木本:大きくなりがちなデータを圧縮するためにハッシュ関数があるという理解でいいですか。

中島:それと、1つ前のブロックとの関係性を築いて偽造を防ぐために、ハッシュ関数を使うわけです。

ブロックチェーンを構成する複雑な計算式

木本:聞いているとなるほどと思えますが、一晩寝たらすぐに忘れそうです(笑)。

中島:圧縮する仕組みがあるということを覚えておいてください。圧縮するんですが、そこでプルーフ・オブ・ワーク(PoW)というのがあります。「ナンス値」を計算することです。

ナンス値というのは、ブロックの中にある3種類のデータの1つです。前のブロックにある3種類のデータを圧縮すると、次のブロックのハッシュ値が出てきます。その際のハッシュ値は、先頭に一定数以上のゼロが並ぶようにすることが条件となっています。

次ページハッシュ値を総当たりで求めるしかない
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT