ビットコインの本質とは、いったい何なのか

仕組みを知らずして何も語ることはできない

木本:安全確保の仕組みがブロックチェーン。じゃあ、ずっと過去の情報もつながっているんですか。ビットコインの最初から、僕が知らない情報は、解読すると全部載っていると。

中島:しかも、すべてインターネット上に公開されています。

木本:そうなんですか。じゃあ悪いことできないですね。

中島:そう思われるかもしれませんが、ところがビットコインはウォレットを作るときに、銀行口座を作るときのような本人確認が必要ありません。現在は法律ができたので、取引所では本人確認が必要になっていますが、アプリをダウンロードして自分の家でウォレットを作れば、アドレスはあっても、木本さんのものなのかどうかは、誰にもわからない。

誰のアドレスかはわからない

木本武宏(きもと たけひろ)/タレント。1971年大阪府生まれ。1990年木下隆行とお笑いコンビTKOを結成しツッコミを担当。2006年、東京へ本格的進出。S−1バトル優勝、キングオブコント総合3位などの受賞歴がある。現在は、ドラマやバラエティなどピンでも活躍中。2018年1月より関西テレビにて「TKO木本のイチ推しカンパニー」(毎週土曜 朝5:50~)がスタート(撮影:尾形文繁)

木本:なるほど、取引をしているアドレスは見えているけれど、それが誰のものなのかはわからないと。なんか、危なさのすき間が見えました。

中島:匿名性がとても高いというのがビットコインの特徴の1つです。それが悪用されてしまうこともあります。

ブロックの中身を詳しく見ると、3種類のデータが入っています。「トランザクション履歴」とは、つまり取引データが何千件と入っている。ほかに前ブロックの「ハッシュ値」、そして「ナンス値」が入っています。

ハッシュ値というのを作るのに「ハッシュ関数」を使いますが、それは一方向関数です。元のデータを入れてハッシュ関数を入れると、「ハッシュ値」というものが出てきます。出力値からは入力値が復元できませんので、逆に戻すことはできません。ハッシュ関数は、圧縮関数なので、短いデータに圧縮できます。

次ページハッシュ関数によって圧縮できる
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT