事実!頑固な腰痛は「朝の30秒正座」で治る

運動や湿布をせっせとするよりも…

腰痛になる原因を一気に改善!「朝の30秒正座」のやり方をご紹介します(写真:プラナ / PIXTA)
老若男女関わらず悩まされている腰痛。マッサージを受けたり腹筋をつけたり、いろいろやっているものの効果なし……という人も多いのでは? 間違った腰痛認識と、腰痛の本当の原因について、聖和整骨院院長の金聖一先生に聞きました。

湿布を貼っても腰痛は治らない!

当記事はVOCEウェブサイトの提供記事です

腰痛に悩まされている人は、根本治療ではなく対症療法をとりがち。その代表が、湿布を貼ることです。湿布は、痛みの元となっている筋肉の炎症は鎮めてくれますが、腰痛の根本原因にアプローチするものではありません。ですから時間がたって薬効が切れれば、また痛みが出てきます。すると多くの人は新しく湿布を貼り替え、切れてはまた貼り替え……を繰り返します。その結果、皮膚がかぶれてしまう人も少なくありません。

実は慢性的な痛みは、冷やすより温めるほうが有効です。ならば温湿布を貼ればいいのでは? と思うかもしれませんが、市販の温湿布のほとんどは「温感湿布」。温かいと感じるだけで、本当に患部を温めているわけではないのです。

対症療法で根本原因を放置していると、かえって腰痛が悪化してしまうことも。湿布の貼り過ぎには注意が必要です。

腰のマッサージをうけると、一時的に痛みが和らぐこともあります。でもこれは、こわばっている筋肉を揉みほぐしたことで「気持ちいい」と感じているだけ。湿布と同様、根本治療ではありません。

とはいえマッサージは一時的な気持ち良さを味わえるので、繰り返し受けている人も多いでしょう。これがけっこう危険なのです。痛みを発生している筋肉に、集中的に強い刺激を与えることで、かえって筋肉のこわばりが強くなり、痛みが増してしまうことも多いから。筋肉がこわばってしまう原因を取り除かない限り、腰痛が治ることはありません!

次ページ病院へ行けば腰痛も治るのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
金利・為替・企業業績を検証<br>暗転する世界経済

8月の金融市場は波乱の展開となった。市場の不安心理を増幅する、貿易の不均衡をめぐる米中対立は激化の一途だ。懸案はそれだけではない。日本や欧州も含め、金利、為替、株、金価格、日本の企業業績など、影響を幅広く検証する。