事実!頑固な腰痛は「朝の30秒正座」で治る

運動や湿布をせっせとするよりも…

金先生によると、腰痛になる主な原因は「背骨のゆがみ」「左右非対称な足の使い方」「血流の悪さ」にあるとのこと。この3つを一気に改善する「朝30秒の正座」のやり方をご紹介します!

「朝30秒の正座」のやり方

1. 左右のひざをくっつけてひざ立ちになります。このとき、左右のかかとをくっつけ、両足の親指の間は1センチほどあけることがポイントです。

2. 1の状態から、お尻のくぼみにかかとをはめ込むように、ゆっくりお尻をおろし正座をします。このとき、左右のかかとが離れないように注意。左右の足に均等に体重を載せるよう意識しながら、この状態を30秒キープします。

3. お尻を持ち上げて1の状態に戻したら、片足を立ててゆっくりと立ち上がります。

いかがですか? 毎朝30秒、この正座をおこなうことで、腰の痛みは大きく和らぐはず。腰痛持ちの方は、ぜひ続けてみてください!

次ページ正座が苦手な人は?
関連記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。