きちんとやれば効果絶大!スクワットのコツ

大きな筋肉が集まる下半身を鍛えよう

自宅でできる簡単スクワットをご紹介(写真 : tomwang / PIXTA)
自宅でラクラクスクワットに挑戦! 大きな筋肉が集まる下半身を鍛えることで効率よく運動不足を解消。まずは椅子スクワットからチャレンジして。運動不足チェックテストはこちら

筋肉をまんべんなく刺激する椅子スクワット

全員トライ!椅子スクワット【10回×2セット】
当記事はVOCEウェブサイトの提供記事です

運動不足の人は太ももの筋力が落ちている状態。筋トレをするなら、太ももの前面、裏側、お尻などをまんべんなく刺激する椅子スクワットからスタート!

1.浅く座り、肩幅に足を開く

背すじを伸ばして、椅子に浅く座る。足は肩幅に開き、両手は太ももの上へ。あごは少し引き、肩の力を抜いて、リラックスしてスタンバイ。

2.両手を前で交差し、上体を倒す

両手を胸の前で交差して、太ももに体重をのせるように、上体を少し前に倒す。この姿勢をキープして、ゆっくりとひざを伸ばしながら、お尻を持ち上げる。

次ページ太ももの筋肉が刺激されるように
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 就職四季報プラスワン
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。