ライザップで痩せた男が得た「太らない理屈」

終了後も気をつけていればリバウンドしない

その効果はプログラム終了後も続くのです(写真:msv / PIXTA)

「ライザップに通っていた」と話すと…

「ライザップに通っていた」と周囲に話すと、決まってこんなセリフが飛んでくる。

「食事制限で食べられなくて、相当にキツイらしいね」
「トレーニング、めちゃめちゃ厳しいんでしょ」
「糖質制限って、体に悪いんだろ」
「やせられても、すぐにリバウンドしちゃうらしいじゃない」
「あんなに急にやせて、危ないんじゃないの」

興味深かったのは、「誰からその話を聞いたのか」と尋ねてみると、一様に口をつぐまれてしまったことである。確たる裏付けが必ずしもあるわけではなく、イメージでとらえてしまっているようなのだ。どうもライザップについては「大変なんじゃないか」というイメージばかりが先行しているように思えてならない。

東洋経済オンラインで「ライザップはなぜ、あんなに痩せられるのか?」を書いたのは、昨年8月。ライザップに自ら通い、著書『ライザップはなぜ、結果にコミットできるのか』を上梓した直後だった。

わずか2カ月で体重は7.2キログラム減。ウエストは11.8センチメートル減。25%だった体脂肪率は17.7%にまで低下した私の体はさて今、どうなったか。いわゆるリバウンドはまったくない。むしろ、体重は当時よりも1キログラム以上落ちている。

かといって、いわゆるダイエット食を続けているわけではまったくない。大好きな麺類やカレー、牛丼をランチに食べることも多いし、午後は好物のスイーツを毎日のようにいただいている。むしろ、前よりも甘いものを食べているくらいである。

次ページ「何を食べてはいけないか」ではなく
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。