選ぶなら、どっち?「太らない食べ物」選手権

筋トレ社長が教えるダイエット「基本のキ」

ダイエットをしていても食事が間違っていると結果が出ません(写真 : Myviewpoint / PIXTA)
ダイエットや健康な体づくりのために推奨される「バランスのよい食事」。しかし、“バランスがよい”と言われても、「その具体的なよいバランスってのを教えてよ!」と思うのが正直なところだろう。
理想のバランスがわからないから、「何を食べていいのか」も、「何を避けるべきなのか」もわかるはずもない。そこで、『筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方』の著者であるTestosterone氏に健康的な食生活の実践方法を聞いた。

 

日々、筋トレのすばらしさを発信している私だが、筋トレよりも大事にしているのが食事だ。食事は健康な体づくりをつかさどるもの。いくら筋トレを頑張っても、食事をおろそかにすると健康から遠ざかってしまう。これは、マッチョも肥満の人も標準体型の人も、老若男女すべての人に当てはまることだ。

特に、ダイエットをするにしても、1番に見直す必要があるのは食事だ。「食べた分、運動をする!」という人もいる。確かに不可能ではないが、体重60kgの人が10km走っても消費カロリーは600kcal。10kmを走るのは相当しんどく、毎日続けることもなかなか難しい。そこで今回は、“どちらの食材がダイエットに適しているか”という対決形式で、実践的な知識と多くの人が見落としがちなポイントをお送りしよう。

ダイエットに適している食材対決

和風ハンバーグvs.焼き肉

どちらも原材料は牛肉だが、ダイエット時にはどちらが適しているのだろうか? 「和風」とついていると、ヘルシーなイメージがあるだろう。確かにデミグラスソースに比べればカロリーや脂質は少なくなるが、そもそもハンバーグ自体に大量の脂質が含まれている。脂のほうが安く、人は脂を美味しいと感じるので、当然店側はハンバーグに大量の脂を練り込む。しかし、脂肪のカロリーはたったの1gで9kcal。たとえば、150gのハンバーグのうち40gの脂が練り込んであれば、脂質だけで実に360kcalも摂取することになる。

このように、ハンバーグやソーセージといった加工品は栄養素が把握しづらく高カロリーであることが多い。当然、食べ過ぎはNGだが、より素材に近い焼き肉のほうがダイエット時には適しているのだ。ただし、焼き肉のタレにも意外と炭水化物が含まれており、カロリーも低くない。なるべく塩で食べることをおすすめする。

次ページ煮魚と焼き魚ではどっち?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。