糖質制限が辛い人に教えたい「肉ダイエット」

キーワードは「トリプトファン」

“日本人がストレスなく効率的にやせる方法”とは?(写真 : taa / PIXTA)

過去に糖質制限したけどやせられなかった、好きな食べ物を我慢するとストレスがたまっていつも挫折してしまう……そんなダイエットの経験がある人におすすめしたい、“日本人がストレスなく効率的にやせる方法”をご紹介します。

その「糖質オフ」、いつまで続けますか?

当記事はVOCEウェブサイトの提供記事です

速攻でやせるダイエットと言えば、糖質オフ!と思っていませんか?スイーツはもちろんNG、ごはんやパン、パスタ、すべてダメ。すごく辛いけど我慢すればやせるから、とサラダや豆腐ばかり食べるダイエットをした経験がある人は多いはず。しかも、せっかくやせても油断するとすぐリバウンド……この経験もまさに「ダイエットあるある」です。

では、なぜ失敗してしまうのでしょうか?

ダイエットが失敗する3大理由は、

①空腹感ストレス

②栄養不足ストレス

③睡眠不足ストレス

と言われています。

空腹感ストレスは文字通り、食べられないことによるもの。栄養不足ストレスは、栄養が脳までいかないために体調が悪くなることで起こるストレス。食べないことで自律神経やホルモンバランスが狂ってしまうのです。睡眠不足ストレスは、空腹で眠れないということだけではありません。栄養をきちんと摂らないと睡眠のためのホルモンであるメラトニンを作ることができず、その結果、不眠になってしまうのです。

メンタルが不安定になったり眠れなくなったりという症状は、一見ダイエットとは関係ないと思うかもしれませんが、実は食べないことから起きている場合もあるのです。

次ページ日本人は“世界一不安”な国民だった!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。