太らない人がやっている「簡単ヤセ習慣」 コツは間食にあった!

拡大
縮小
糖質オフを簡単に実践するためのルールを公開します!(写真:tomos / PIXTA)

プロが教える痩せるおやつ

当記事はVOCEウェブサイトの提供記事です

難しいルールがあるダイエット法にチャレンジして挫折を繰り返している人に朗報! 実はいつもの生活習慣をちょっとだけ変えるだけで、十分にヤセることは可能です。そんな簡単ヤセ習慣をダイエットの達人たち指南します。

ヤセるには糖質オフがいいことはわかっていても、なかなかできない、やり方がわからないという人、多いのでは? そこで簡単に実践するためのルールをご紹介します。

教えてくれたのは
管理栄養士 足立香代子さん
料理研究家・編集者 柳澤英子さん
フィットネストレーナー 森 拓郎さん

【1】間食には、卵、ナッツ、乳製品が3強!!

タンパク質+脂質の組み合わせが間食に◎

間食で摂りたい栄養素が実はタンパク質と脂質。「血糖値を急激に上げる糖質は間食でも控えるべきですが、タンパク質と脂質は血糖値が上がらず腹持ちもよくヤセ効果大。この2つを含む理想的な間食が卵、ナッツ、乳製品です。タンパク質や脂質のほか代謝に必要なビタミンも摂れます」(足立さん)

次ページ市販のおやつで注目なのは
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT