TVを見ながらでOK!効く「上半身ストレッチ」

筋肉バランスの崩れが、座り姿勢を悪くする

自宅やオフィスで簡単にできる上半身ストレッチを伝授します!(写真 : miya227 / PIXTA)

背中が丸まり、胸やおなかの筋肉が縮むのは、上半身の筋肉バランスが崩れているせい。テレビを見ながら、オフィスで、イスに座ってできる上半身ストレッチにトライしてみませんか。

胸と背中の筋肉をほぐして美姿勢に

当記事はVOCEウェブサイトの提供記事です

座り姿勢が悪いのは、上半身の筋肉バランスが崩れているから。

「姿勢が悪いと胸の大胸筋やおなかの腹直筋、背中の脊柱起立筋が硬くなります。座って行うストレッチで上半身の筋肉をほぐせば、正しい姿勢をとるのがラクになりますよ」(スポーツ&サイエンス代表の坂詰真二さん)

CHECKPOINT◆上半身のここをほぐす!

姿勢別に胸、おなか、背中の硬くなっている筋肉をストレッチ。毎日、最低1 回以上、疲れを感じた時に行うと体が軽くなる。

【ネコ姿勢用】首伸ばし

縮んだ胸とおなかの筋肉を伸ばす

頭が下がって、あごが前に出た猫背姿勢。垂れバストと下腹ぽっこりの原因にもなる体の前面の筋肉を集中的にストレッチ。

(1)イスに浅く座る

イスに浅く座り、ひざが直角になる位置に足を置く。ひざは腰幅に開いて、両手は太ももの上へ。

次ページ上体をゆっくりと後ろに倒す
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。