首の負担を軽くする!簡単タオル枕の作り方

肩こり、首こりがラクになる

起きている時は気をつけていても、寝ている間に負担がかかっているかもしれません(写真 : Ushico / PIXTA)

寝ている間も要注意

当記事はVOCEウェブサイトの提供記事です

起きている間、正しい首の姿勢を気にしても、寝ている間に無意識に負担がかかっていたら台無しです。

首にやさしい手作り枕と日中の首枕で、首の負担を軽減しましょう。

日中の首こり、冷えをラクに!【タオル首枕】

冬の寒い日はもちろん、夏の冷房冷えを防いで首の血行悪化をケアしながら、前に倒れる首の負担を軽くして、鶏首グセを改善する首枕。肩こり、首こりがラクになるし、二重あごや顔のたるみ予防にも効く!

作り方

首を2周巻ける長さのスポーツタオルと、輪ゴムを2本用意。タオルは少し厚みのあるもののほうが、首にしっかりフィットして気持ちいい。

次ページスポーツタオルを用意しましょう!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。