首の負担を軽くする!簡単タオル枕の作り方

肩こり、首こりがラクになる

起きている時は気をつけていても、寝ている間に負担がかかっているかもしれません(写真 : Ushico / PIXTA)

寝ている間も要注意

当記事はVOCEウェブサイトの提供記事です

起きている間、正しい首の姿勢を気にしても、寝ている間に無意識に負担がかかっていたら台無しです。

首にやさしい手作り枕と日中の首枕で、首の負担を軽減しましょう。

日中の首こり、冷えをラクに!【タオル首枕】

冬の寒い日はもちろん、夏の冷房冷えを防いで首の血行悪化をケアしながら、前に倒れる首の負担を軽くして、鶏首グセを改善する首枕。肩こり、首こりがラクになるし、二重あごや顔のたるみ予防にも効く!

作り方

首を2周巻ける長さのスポーツタオルと、輪ゴムを2本用意。タオルは少し厚みのあるもののほうが、首にしっかりフィットして気持ちいい。

次ページスポーツタオルを用意しましょう!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT