日本酒に賭ける男の「好きを仕事に」した人生

才能に恵まれずともひたすらやり続けてきた

――将来何になりたいか、まだ何も見えていなかった。

数岡氏:高校生なので当然と言えば当然ですが、世の中にどんな仕事があるのか、まだ分かっていなかったんだと思います。それで、自分は何を思ったか、仲のよかった友達が受験するという理由だけで、関西大学を受験し、結果物理とは直接関係のない「生物工学科」に進学することになるんです。

同じ理系でも自分の場合は、物理や化学を選択していたのですが、確かその頃の関西大学の生物工学科は「生物」を受験科目にしなくてもよかったんですね。結果、晴れて、当時流行だったバイオテクノロジーを研究できる生物工学科の学生となったのですが、これが今の道へ進む、最初の岐路だったんじゃないでしょうか。

新しい“発見”と“最適解”を求めて

――友達についていって始まった大学生活(笑)、いかがでしたか。

「こんな世界、こんな考え方があるんだ」という“発見”が面白かった

数岡氏:何もかもが新鮮でしたね。高校時代に生物を選択していなかったので大変でしたが、授業は楽しく感じました。またこの頃は、はじめての独り暮らしということもあり、ご多分に漏れず“学外の”学生生活も謳歌していたんです。授業よりもハマったのが、下宿先に近く、賄い付きが魅力ということで、はじめた飲食店でのアルバイトだったんです。

これがいざやってみると、どんどん面白くなって……。一時、バイト先のシェフから「数岡君は包丁さばきが特に上手いから、大学を辞めてこの世界を目指してみないか」とおだてられもしました(笑)。物理の世界もそうなのですが、「こんな世界、こんな考え方があるんだ」という“発見”が面白くて、この時もそんな感じで「料理」にのめり込んでいったんだと思います。

ただ、のめり込んだツケは大学の中盤に成績となってしっかりと表れました(笑)。それで、奨学金も借りていたし「これではまずいだろう」と、学生の本分に戻るため、時間を割いてしまう飲食のアルバイトからは手を引いたんです。とはいえ、奨学金だけでは学生生活を続けていくには不十分で、やはりアルバイトも必要でした。そうした状況の中で考えたのが、「短時間で稼げる、単価の高い家庭教師になること」だったんです。

次ページ研究の世界に興味を持つきっかけになった人物との出会い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT