日本酒に賭ける男の「好きを仕事に」した人生

才能に恵まれずともひたすらやり続けてきた

――「好きを仕事に」楽しんでいらっしゃる。

数岡氏:研究職というのは、なかなか孤独なもので、ともすれば研究室にこもりがちにもなってしまいます。私の場合、たまたまその研究の対象の先に「お酒」が大きく関わるということもあって、たくさんの人たちと仕事ができています。ここに集まってくれた学生も含め、研究室だけにいては出会えなかった人たちと交流でき、それが研究成果にも繋がる今の立場は、研究者としても仕事人としても、そして日本酒を愛する者としても(笑)、大変恵まれていると感じています。

ただ私は、最初からこの世界を目指していたわけではなく、今この場にいるのも実はいくつもの偶然と出会いが重なった結果なんです。振り返ってみると、好きと仕事の順序が逆と言うか、「選んだ道をよい道に」と進んできた結果だったように思います。

「明解な数式の世界」を愛した少年の意外な進路選択

数岡 孝幸(かずおか たかゆき)/東京農業大学 短期大学部 醸造学科 酒類学研究室 准教授 兵庫県出身。関西大学生物工学科、同大学大学院工学研究科博士後期課程を修了後、京都大学の任期付研究員、同大科学研究所講師を経て、現職。研究テーマは「自然界からの酵母の分離と特性解明」「麹菌由来抗菌物質に関する研究」。次世代の日本酒業界を担う逸材の一人として、全国各地から蔵元、酒販店、愛好家が同氏の元を訪れている。また「花酵母研究会」顧問として、企業やNGO、市町村と協力して、新商品の研究・開発にも積極的に取り組んでいる

数岡氏:もともと引っ込み思案なところがあり、将来への明確な目標というものを持たずに、のんびりと高校生まで過ごしていたように思います。私の出身地は、兵庫県の稲美町という所で、のどかな田園風景が広がる田舎で育ちました。小さい頃から高校1年生まではサッカーに熱中していて、ほとんどボールを追いかけていた記憶しかありません。

将来に研究者を志したこともなく、大学進学の経験がなかった両親からも、「(大学に)行きたいのであれば行ってもいいよ」という感じで、これといって敷かれたレールもなかったんです。高校1年生の時に、自動車事故に遭ってしまいサッカーは辞めることになるのですが、それで悲観するようなこともなく、それならば別のことをするかと、そこでようやく「勉強」というものに取りかかったくらいです。

ただ、ずっと好きだったのは、「物理」の世界でした。身の回りの現象から果ては宇宙まで、あらゆる事象が基礎となる公式で説明できる、解を“自分で”導き出せる物理の世界が大好きだったんです。明解なことが好きなのかもしれません。それで、通常「好き」からはじまると自然と「得意科目」になり、さらには自動的に「受験科目」となるわけですが、自分の場合、大学受験ではまったく別の分野に進むことになりました。

次ページ仲のよかった友達が受験するという理由だけで…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT