不祥事で社員が辞める会社と残る会社の「差」

そこには「3つの要因」がある

会社の不祥事は人材の流出を加速させるきっかけに…(写真:Graphs / PIXTA)

「本当に申し訳ございません!」

会社が重大な不祥事を起こすと社員の生活は“一変”します。取引先や消費者、株主と多くの人に謝ることを求めらます。

社員たちが肩身の狭い日々を強いられる

この連載の一覧はこちら

以前、JALが経営破綻した頃に「しっかりしてくれないと困るよ」とキャビンアテンダント(CA)に対してお説教をする老人を見掛けたことがあります。CAは深々と頭を下げ謝っていました。おそらく、この時期にいろいろな人に何十回も謝ったことでしょう。不祥事を起こした会社、経営陣はそのことを深く反省せねばなりませんが、不祥事の当事者ではない現場の人間からすると、やるせない気持ちになるかもしれません。

筆者もリクルートに勤務していた時代にオーナー社長の不祥事に遭遇しました。リクルート事件と呼ばれ、関連会社の未公開株が賄賂として譲渡されたとマスコミ各社が報道。リクルート関係者や政治家や官僚らが逮捕され、大スキャンダルとなりました。

報道で激しくたたかれていた期間、営業活動は自粛。さらに、それから1年以上はお詫びから始まる営業活動を強いられました。なかには「名刺交換したあとに、目の前で渡した名刺を破られた」と泣きながら帰社してきた若手社員もいました。振り返れば、肩身が狭い日々が続きました。

さらに悩ましいのは批判される内容があまりにも辛辣なことがあること。「不祥事を起こす会社の社員なんて、ろくなやつではない」と社員の人間性まで批判する人がいるのです。

取材した外食チェーンでは、異物混入事件が起きたとき、社員の子どもが学校で「あの子のお父さんは●●社の社員だから近づかないほうがいい」といじめを受けたと聞きました。勤務先の知名度が高ければ高いほど「あの〇〇という会社に勤めている」という肩書がついて回るということなのでしょう。

次ページ不祥事は人材の流出を加速させる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。