スナックにはなぜ「オモロイ人」が集まるのか

重い扉の向こうにある現代の娯楽施設

そのほかにも、「タクシーの運転手で賑わう絶品ラーメン店」や「地元民が愛用する源泉汲み場」など、ネットには掲載されていない情報を次々に教えてくれた。しかも、わざわざ紙ナプキンの裏側に鉛筆で書き記して。

会計を済ませると、アルバイトレディが宿まで同伴してくれた。ママの心遣いに、心底、痛み入る。おかげで私の旅は大いに充実した。すべてはスナックのおかげである。あの扉を開けなければ、私は、こんなにすばらしい体験をすることはなかったであろう。

確かに、知らない土地のスナックに入るのには勇気がいる。しかし、入ってしまえばこっちのものだ。そこから新しい交流が生まれていく。まさに旅の醍醐味だ。旅の恥はかき捨て。地元のスナックで新しい思い出をつくろう。

とりあえず歌ってみよう

スナック初体験の人は、慣れない空気感に戸惑うこともあるだろう。そこはママに任せておけば問題ない。「なぜこの店に入ったのか」「このあたりの人か」「普段はどのあたりで飲んでるのか」など、会話のキッカケを与えてくれる。その会話を糸口に、常連客との会話も自然と生まれてくる。

一見さんだからこそ、気を付けたいこともある。スナックの雰囲気はみんなで作り出すものだ。常連客が温めてきた空気を壊さないようにしたい。特に、歌への配慮は欠かせない。常連客がカラオケを歌っているときには、大声で喋ったりせず、拍手をして盛り上げよう。

そして自分が歌うときには、その場にふさわしい歌をチョイスすることだ。歌を聞く楽しさ、そして歌をうたえる喜びを共有することで、一体感を感じてほしい。

スナックの魅力その③「明朗会計&低予算」

料金体系がわからないために、スナックは行きづらいと感じている人もいるだろう。確かにスナックの場合、店舗の外から料金をうかがい知ることは難しい。情報がないまま、足を踏み入れるしかないのも事実だ。

次ページあんな看板、こんな看板
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
保険の罠<br>いらない商品すべて教えます

医療保険、がん保険、介護保険、認知症保険、終身保険、貯蓄性保険、外貨建て保険、変額保険…。あなたは不要な生命保険に入りすぎていないか? 長い人生を考えたとき、役立つのは実は保険より貯蓄。ムダな保険の断捨離の仕方を教えます。