UUUMの原点は「YouTuberのお悩み解決」だ

話題の新興企業トップにロングインタビュー

鎌田:そうした地道な活動を続けることで、結果的にUUUMがユーチューバーの中でブランドになって、「芸人になるなら吉本興業」といった感じで「ユーチューバーをやるならとりあえずUUUM」と言われるようになれたんだと思います。

小林:今では「ユーチューバーをやるならとりあえずUUUM」と言われるまでにユーチューバーの中ではブランドが確立したことで、ユーチューバーの側からコンタクトが来るケースも多くなったと思いますが、それでも優れたユーチューバーを発掘するのは難しいですよね。発掘する際の秘訣みたいなものはあるんですか?

人気ユーチューバーゆえの責任感

鎌田:こちらから声をかけることもありますが、とにかくYouTubeを見続けて引っ掛かるった人がいたら、過去の動画をすべて見て声をかけるかどうか決めます。逆に問い合わせをくれた場合は、法律的な違反がなくてやる気があれば、基本的には全員受け入れることにしています。そうやって受け入れたユーチューバーは特にマネジャーもつけず、動画の内容にもノータッチです。切磋琢磨して上がってきてくださいというスタンスですね。

これがわれわれの考える、有名ユーチューバーを輩出する秘訣です。3人のうち有名なクリエーターが1人出るのと、300人のうち1人が出るのだったら、確率論で比較したらどう考えても300人抱えていたほうがいいわけですよね。今は4000人のユーチューバーを抱えていますが、動画は彼らが作ってくれるわけで、こちらの持ち出しはほぼゼロですから。

小林:なるほど。まずは数を押さえるということですね。最近だとどんなユーチューバーさんが人気なんですか?

鎌田:最近は、すしらーめん《りく》、釣りよかでしょう。おるたなChannelあたりが勢いありますね。

ハンドスピナーで最強の刀を作ってみた【ビンを粉砕!?】
次ページ正しいことを正しくやろうとしているだけ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT