YouTubeで芸能人がバズらない「本質的理由」

人気化する一般人には“戦略"がある

YouTubeの視聴者が求めているものは何か(写真:Tomoki Kuwajima)
「Instagram」「Twitter」「LINE」……etc。SNSを仕事でも使う機会が増えています。でも実は苦手、よくわからない……そんなことをうっすらとお思いの皆さんに、SNSの申し子、20代女性に圧倒的な人気を誇る「ゆうこす」こと菅本裕子が、イマドキSNS事情をお届けします。
元アイドルという異色の経歴を持ち、どん底の時代からSNSを駆使して自分をブランディングした彼女ならではの視点。連載5回目は「YouTube」についてです。

芸能人より身近「ユーチューバー」という存在

この連載の記事一覧はこちら

ここ数年で目にする機会が増えた「ユーチューバー」。動画投稿サイトYouTube上に、自ら制作した動画を継続的に投稿する人のことを指します。

最近、「HIKAKIN(ヒカキン)」さんや、「はじめしゃちょー」さんなど、有名ユーチューバーが多数所属するマネジメントプロダクション「UUUM(ウーム)」が東証マザーズに上場しました。たびたびニュースになったので、ご存じの方も多いでしょう。

今年の子どもが将来なりたい職業ランキングでは「ユーチューバー」が上位にランクイン。小学生からスマホを持つのが当たり前になっている現代では、スマホでYouTubeを見ることが日常になっています。そこに登場するユーチューバーは、テレビ離れしている10~20代の若者にとって、芸能人以上に身近な存在になっているのです。

次ページ絶大な人気を誇っているユーチューバー
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。