ど派手な「インスタ映え」商品が続出する理由

撮影目的のハワイ旅行が2割高でもバカ売れ

若い女性でにぎわう東京・渋谷のカフェ「アリービーチ」。南国のような店内で、客の多くがインスタグラムに投稿する写真を撮影する(撮影:尾形文繁)

8月下旬の平日。東京・渋谷駅から徒歩5分の場所で、おしゃれなハワイアンカフェが目に留まった。「アリービーチ」というこの店の中をのぞくと、ヤシの木が並び、床は白い砂で覆われており、まるで南国のビーチにいるかのような雰囲気だ。

正午を過ぎると店内は10代後半から20代前半の女性で満席に。彼女たちは色彩豊かな店内や料理を次々と写真に収めていく。店舗を運営する岩谷雄一氏は、「5月以降はランチもディナーも予約で満席の状況だ。インスタグラムを通じて当店を知り、来店するお客様が圧倒的に多い」と笑顔で話す。

「インスタ」で目立つための消費行動

アリービーチの位置情報を見ると、たくさんの写真が投稿されている(インスタグラムより)

10~20代女性などに絶大な人気を誇る、写真共有SNS「インスタグラム」。国内ユーザー数は1600万人を超えた。写真が主役ゆえ、ユーザーはカラフルな食べ物や風景を撮影し、美しい写真で「インスタ映え」を狙う。写真投稿のために話題の飲食店やスポットに出向く、といった消費行動が生まれている。

アリービーチは2017年1月に開業したばかり。店内の様子がインスタグラムで拡散され、人気スポットになった。開業前から写真映りを意識し、商品や内装の色彩にもこだわったという。10月には同じ渋谷で2号店をオープンする予定だ。

実は、このようなインスタグラムを活用しようという動きは個人経営のカフェだけにとどまらない。今、多くの企業がインスタグラムを販促に生かそうと試行錯誤している。

次ページ「インスタ映え」する旅行とは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT