UUUMの原点は「YouTuberのお悩み解決」だ

話題の新興企業トップにロングインタビュー

Hikakin × Aerosmith × Nonstop - Walk This Way
鎌田和樹(かまだかずき)/UUUM株式会社 代表取締役/CEO。19歳で上場企業へ入社。 出店担当として社長より直々に携帯電話ショップ出店を任命され、テレコムサービス株式会社にてソフトバンクショップを単月100店舗出店。 ショップ運営、アライアンスなどさまざまな経験を積む。 2011年からはイー・モバイル1次店の代表取締役を務める。 数々の功績を残した後、孫泰蔵氏との出会いから衝撃を受けベンチャーの道へ。 その後、HIKAKINとの出会いを受けて30歳を手前に独立

鎌田:それが起業の1カ月前くらいのことでした。2013年の6月に起業したんですが、ユーチューバーにレビューしてもらった商品を販売する、今でいうインフルエンサーマーケティングのような事業をやるオンセールという会社を作ったんですね。佐俣アンリさん(VC・ANRIのパートナー)に出資してもらって1000万円で始めて、ジャパネットたかたみたいな会社を目指そうと思っていました。それで3カ月やってみたんですが、なんだかいまいち手応えを感じることができませんでした。

ただ、ユーチューバーたちと仕事をする中で、みんないろいろなことに困っていることがわかったんです。企業と仕事をするようになっても、商談をどうやって進めたらいいかわからないとか、「代理店から『法人じゃないと契約できない』と言われたんだけど、法人なんてないです」とか。単純に困っている人がいたら助けたいじゃないですか。僕は光通信で総務も営業も経験してきたので、彼らをサポートすることができると思ったんです。それでアンリさんからまた調達させてもらって、その年の10月からユーチューバーのマネジメントを始めました。

社名を決めるときも…

小林:その最初の段階からHIKAKAINさんとは一緒にやっていたんですか?

鎌田:そうですね。HIKAKINの最初のマネジャーは僕です。社名を決めるときも、HIKAKINが「ドットコムのドメインが取得できる社名がいい」と言っていていろいろ検討したんです。でもなかなかいい名前がなくて「うーむ……」って悩んでいたら、「『ウーム』でよくない?」みたいな感じで決まったんです(笑)。

小林:なるほど。事業を始めてみて、初期の段階から売り上げは立っていたんですか?

鎌田:最初はMCN(マルチ・チャンネル・ネットワーク:複数のYouTubeチャンネルと提携し、収益化などを行うサービスプロバイダ。YouTubeによる認定資格が存在する)の権利もないし、アドセンスから売り上げが入ってくる仕組みもなくて、ただ楽しいからやっているといった状態でした。困っている人がいたら助けるし、僕自身も動画を見るのがとにかく好きなので、動画を作っている人に会えたら楽しいしって感じで。

次ページビジネスとして軌道に乗り始めたのは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT