0→100km/hが1.5秒台!EVはF1より速い

レーシングカーにも電動化の波が押し寄せる

毎年秋に静岡で開催される学生レーシングカー競技の祭典「全日本学生フォーミュラ」では、最近ある変化が起きている(写真:名古屋大学FEM提供)

「うまくやってくれよ」。

学生達が見つめる先には、自分たちが作ったフォーミュラカーがある。アクセルを踏み込んでから4秒で時速104キロメートルに達する。そんなスーパーマシンを1年かけて作り上げる。

「全日本学生フォーミュラ」は、毎年秋に静岡で開催される学生レーシングカー競技の祭典だ。2003年に始まり、全国から100以上のチームが参加する。そんな競技に、最近ある変化が起きている。2013年から始まった電気自動車(EV)部門への参加が、この5年で8チームから19チームへと急増しているのだ。

彼らはなぜEVシフトを決めたのか

週刊東洋経済10月16日発売号(10月21日号)の特集は「日本経済の試練 EVショック」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

過去にエンジン車で優勝経験のある強豪チーム・名古屋大学FEMも、今年9月の大会からエンジン車での参加を取り止めEV化に舵を切ったチームの1つだ。彼らはなぜEVシフトを決めたのか。それは、「海外での学生フォーミュラのレース結果を見ると、圧倒的にEVのチームが速いタイムを出すようになっている」からだ。

2016年、スイスのチューリッヒ工科大学の学生チーム「AMZ」のフォーミュラカーが世界中のレースファンを驚かせた。停止状態から時速100kmに加速するまでの秒数(ゼロヒャク)の世界記録を1.513秒に塗り変えた。エンジン車のF1マシンが2秒台といわれていることを考えると、驚異的な速さである。

EVは、アクセルやブレーキが実際に効くまでの伝達速度が速く、エンジン車に比べて、低速から最速スピードを出すまでが速い。

自動車の出足を左右するのは、動力系のトルク。エンジン車はアクセルを踏み込み、燃料を一定量使って回転数を上げないとトルクが高まらないので、一気に加速といってもアクセル操作に対するタイムラグが生じる。ところが、EVを駆動するモーターはゼロの状態から一気にトルクを出せるので、出足が鋭い。フォーミュラレースでは、加速とブレーキを狭いコースで繰り返すため、その特性をフルに生かせる。

次ページエンジン車では出せない加速性能で…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT