なめるな危険!「電気自動車レース」の超魅力

日本のメーカーが参加しないのは大問題だ

「ヒュルルルル」の音量にご注意ください(筆者撮影)

ヒュルルルル、ヒュッ、ヒュイーン、ヒュイーン――。山と海の間にそびえる高層ビルの隙間を縫うように派手な車体が駆け抜ける。電気自動車(EV)の世界最速を決める「フォーミュラE(FE)」は今年で三年目を迎えた。今年の開幕戦はここ香港で開かれる。近未来バトルをこの目で見るため、はるばるやってきたシニア記者である。

10月8日土曜日の午後に香港入りしたシニア記者は、ホテルに荷物を置くと桟橋の上に立つマリタイム・ミュージアムを目指した。

港に面した公道を通行止めにして作った二日間だけのサーキット。会場にはレーシングチームやスポンサー企業のための白いテントが立ち並び、飲み物やスナックを売る屋台もある。お祭り気分である。

フリーランスは入れない?!

ウキウキしながらメディアセンターに向かう。普段は観光客向けの海洋博物館がメディアの受付になっている。関係者のご助力で登録は済ませてあったので、パスポートで本人確認をして取材パスを受け取るだけのはずだった。

「ノー・カンパニー、フリーランス!!」 

しかし受付でパスポートを提示すると、事務局のポロシャツを着た2人の女の子は、パソコンの画面を睨んで固まってしまった。ここまで来て会場に入れなかったらシャレにならない。

「カンパニー・ネーム?」

小首を傾げて彼女が聞く。

「ノー・カンパニー、フリーランス!」

我ながら小学生並みの英語である。

「フリーランス?」

「イエス」

しばしの沈黙。どうやらパソコンのリストはメディア名で登録されているらしい。これだったら、有名な東洋経済オンラインさんの名前を借りればよかった。

次ページ結局入ることはできたのか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。