「フォロワー数がすべて」に陥った30代の末路

堀江貴文氏から見えてくる「人気の本質」

なぜ、堀江貴文さんの本は売れるのか?(撮影:風間仁一郎)

なぜ堀江貴文氏はベストセラーを連発するのか

「ホリエモン」こと堀江貴文さんは、ライブドア事件で逮捕・収監され一時期は表舞台から消えていたが、最近になりまたテレビに出演するなど再ブレーク中だ。出版する本の多くがベストセラーとなり、累計発行部数242万冊(2017年7月現在)。いまやビジネス書のベストセラー作家でもある。

堀江さんのTwitterフォロワー数は280万人。SNS以外にもさまざまなメディアを駆使し、圧倒的な情報発信力を持っている。「フォロワー数が多いのだから本が売れるのは当然」と思われるかもしれないが、本当にそうだろうか? 確かに堀江さんのフォロワー数は多いが、もっとフォロワー数が多い芸能人や有名人はいる。フォロワー数が多い人ほど本が売れるというなら、世の中にはベストセラー作家がもっと誕生しているだろう。

なぜ彼の本は売れるのか? 堀江さんが実践する戦略や、発信力の秘密に迫る前に、筆者の知り合いの話をしよう。

時代は2010年にさかのぼる。30代前半の江川シンイチ(仮名)は、はやりモノに敏感で情報感度が高いという強みを持っていたが、モノゴトがなかなか長続きしないのが玉に瑕(きず)。シンイチはしばらく会社に勤めた後、「会社員はどうもオレの性に合わない」とフリーランスに転じて、何かを専門にするわけでもなく、知り合いのツテで依頼がきた仕事を請け負っていた。そこで登場したのがTwitterだ。「これははやる!」と確信した彼は、興奮ぎみにこう言った。

「Twitterでフォロワーを増やせば必ずカネになる! これをビジネスにしよう!!」

特にはやり出した頃のTwitterでは、フォローされたらフォローを返す、いわゆる「フォロバ(フォローバック)」がマナーのひとつだった。シンイチは「フォロバ」をしてもらうため、こまめにいろいろな人をフォローして、フォロワー数稼ぎを頑張った。苦労して集めたTwitterのフォロワー数は3万人。まもなくシンイチは「ソーシャル・メディア・コンサルタント」を名乗るようになった。

次ページソーシャルメディアはすべてを変える?!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。