「フォロワー数がすべて」に陥った30代の末路

堀江貴文氏から見えてくる「人気の本質」

もちろん、それだけではない。参加した人はすでに、堀江さんの本づくりに巻き込まれているのだ。仲間となった彼らは本の面白さを口コミで伝え、売り上げにつながっていく。堀江さんは書店巡りもまめに行い、200人以上の書店員と名刺交換をしているという。一冊、また一冊と本を出すたびに仲間は増える。こうして堀江さんは人と人とのつながりを巧みに構築しながら、ベストセラーを連発しているのだ。

「強いつながり」と「弱いつながり」

堀江さんの「人を巻き込む仕組みづくり」を説明してくれるのが、人と人とのつながりを解き明かす「ソーシャルネットワーク理論」だ。ソーシャルネットワーク理論では、人と人のつながりを「強いつながり」と「弱いつながり」の2つに分類する。堀江さんの取り組みをこの2つに分類してみると、堀江さんがやっていることがよく理解できる。

「強いつながり」は、互いに信頼し合った、密接で閉鎖的な人間関係だ。たとえば、映画『ゴッドファーザー』で描かれたコルレオーネ家は、典型的な「強いつながり」の例である。決められたことをキッチリ行うことができる。堀江さんの場合は、継続的に本の企画にかかわるHIUのコアメンバーがそれにあたる。

一方で「弱いつながり」は、緩くつながる人間関係だ。SNSが当たり前の時代になり、「弱いつながり」は簡単につくれるようになった。「希薄な人間関係などアテにならない」と思うかもしれないが、そんなことはない。つながりが緩く広いからこそ、情報を速く遠くまで伝えることができる。また、いわゆる「仲間内」ではないので、思いもよらないような情報や知識を入手できる。

堀江さんは、さまざまなメディアを巧みに組み合わせ、強いつながりと弱いつながりを縦横に駆使することで「売れる本」をつくっている。さらに書店というリアルの世界で、ネットではつながっていない人たちとの新たなつながりをつくり、広げているのである。

次ページどうすれば「弱いつながり」を生かせるか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT