大起水産の回転寿司、「高くても行列」の裏側

「ちょっと高いけど美味しい」には魅力がある

「魚の切り身やブロックではなく、一本丸ごと買います。そこからお寿司になるものもあれば、小売店『街のみなと』で売るもの、海鮮レストラン『天下の台所』で出すものもあります。事業全体で採算が合うように考えています」

こうした多角的な運営のおかげで、お客は解体したばかりの新鮮なまぐろを食べられるのです。今年6月にオープンした大阪天王寺のあべのキューズモール店では、この感動を少しでも多くの人に伝えたいと、毎日3度、11時、13時、17時にまぐろの解体ショーを開催しています。1回でも大変なのに3回もやるとは、なんとも思い切った挑戦です。

佐伯会長はまた、この解体ショーを軸にさまざまなイベントも企画しています。

「どういう魚をどう食べていただくか、魚屋が『実感劇場』を作って行く時代だと思っています」

ロシアや中国の領事館でも実演

有名なのが、1994年関西国際空港開港時、日航機の初荷が大起水産のまぐろだったこと。産地から直送する新鮮なまぐろをアピールするため『空飛ぶまぐろ』と銘打ってキャンペーンを実施し、大きな話題になりました。この関空を舞台にしたショーは、形を変えてその後も継続。昨年8月には、国際線到着エリアで、生・本まぐろの解体ショーを1週間開催しました。外国人観光客を前にスタッフが包丁さばきを披露し、累計で約2万人にさばきたてのまぐろを提供。思わぬイベントに、来日した観光客は大いに喜んだと言います。

外国人向けとしては、ロシアや中国の領事館にも招待され、まぐろ解体ショーを出張して実演しています。ロシア連邦在大阪総領事館(大阪府豊中市)でのイベントの時は筆者も取材に行きましたが、まぐろの登場に会場から大きな嘆声が上がり、さばかれたまぐろの振る舞いには長蛇の列ができました。あまりに列が長かったので取材後食べずに帰りましたが、今振り返れば残念なことをしたと後悔しています。このほか海外では、シンガポール、スペインなどでも解体ショーを開催して、日本のお寿司の美味しさを世界に発信し続けています。

生・本まぐろの解体ショーには人だかりができる(筆者撮影)

国内では年に一度の大きなイベントとして、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育館)での食の祭典『天下の台所 大阪まつり』を開催しています。12月中旬の2日間、同社を中心に47社が参加。生・本まぐろの解体ショーが行われている横では、生ズワイガニ、塩数の子、塩紅鮭、オーロラサーモン等の海産物、さらには正月食材、お酒、青果物などがずらりと並びます。お値打ち価格で提供されるので毎年盛況。昨年は2日間で約2万人が訪れました(入場無料)。

またわが国では古来、神社におコメと海の幸を供える慣わしがありますが、大起水産ではコメと魚に因んで、伏見稲荷大社、大阪天満宮などでまぐろ解体ショーを開催しています(来年1月には住吉大社でも実施予定)。大阪天満宮では、1皿5貫(トロ2貫、中トロ2貫、赤身1貫)を5百円の特別価格で提供、参拝者に人気の催しとなっています。

次ページ自分の食べたいものを適正価格で提供
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT