大起水産の回転寿司、「高くても行列」の裏側

「ちょっと高いけど美味しい」には魅力がある

「ひと口に漁港と言っても、日本の魚は焼津港、韓国の魚は清水港に主に陸揚げされます。西の海は魚礁に魚が集まりますが、南の海は回遊魚でまぐろなど大きな魚が獲れます。魚にも高級とそうでないものがあり、高級なものは、白身、赤身となります。白身はタイ、ヒラメなど、赤身はまぐろです」

佐伯会長のお話は、日本の漁港、魚の種類など漁業全般にわたり、尽きることがありません。

「まぐろは、赤道直下で産卵し、北へ回遊すれば虫がいない本まぐろとなります。乱獲に加え中国での人気の高まりから、まぐろの値段も高騰しています。それで、まぐろの稚魚を養殖する『蓄養』に注目が集まりますが、これも稚魚の乱獲だ、と批判されつつあります(筆者注:こうした批判を受けて、近畿大学が永年研究したクロマグロの『完全養殖』が話題を呼んだわけです。佐伯会長も研究当初、協力を惜しまなかったとのこと)」

こうした含蓄深いお話を聞いていて、佐伯会長は、タレントの「さかなクン」並みの愛情を魚にお持ちだな、ということを改めて感じました。ただあちらは純粋に学問的興味ですが、佐伯会長のそれは商売のための実践的知識、実学だと思います。

その「商売するさかなクン」がこだわるのが、今や同社の専売特許とも言える「まぐろの解体ショー」です。

なぜ、まぐろの解体ショーにこだわるのか?

「まぐろの解体ショーは五感全部でおいしさを味わって頂けます」と佐伯会長(筆者撮影)

「まぐろは、血の魚とも言われ、足が早い魚です。どうしても生臭い。それでマイナス50度で冷凍したものを解凍し、直ぐにさばいて食べるのが臭みもなく美味しいのです。それを味わっていただきたいと、マグロの解体ショーを始めました」

しかし、まぐろを丸ごと1本解体して採算は合うのでしょうか? そんな筆者の疑問に、会長はこう答えてくれました。

「採算は正直、合いません。でも、大きなまぐろの登場を迎える会場の雰囲気、職人が目の前でさばく力強さ、そしてそれをそのまま口にした時の新鮮な味わい。五感全部でおいしさを味わって頂けます。その感動を皆様に伝えたいのです」

ただ採算度外視となると、なかなか維持するのが大変です。同業者で解体ショーをしていたところも早々に撤退していると言います。その中で、大起水産だけが続けられているのは、魚屋と寿司屋を両方経営していることの強みによります。

次ページまぐろ解体ショーを出張で実演
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT