時代劇の「嘘」を楽しむための心得とは何か

クリエイターと歴史家、せめぎ合いの舞台裏

どこでどんな「嘘」をつき、どこで「リアル」にこだわるか…(写真:kanzefar / PIXTA)

「なんておもしろいの!」

この本を読んでいると、ページをめくるたびにこの一言が口をついて出る。

演出の結果によっては、不名誉を被ることも…

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

戦国時代を専門とする著名な学者・小和田哲男氏が時代考証にあたった大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」で、こんなことがあったそうだ。浅井長政の小谷城が織田信長に攻め落とされる場面。

“最近の研究では、小谷城は実際には燃えていなかったことが判明している。小和田は炎上シーンは描かないように要請した。しかし番組スタッフは、城が燃えていないと、落城が一目でわからないから、少しだけ火をつけさせてほしいという。小和田はしかたなく「少しだけですよ」と念を押したが、放送を見ると、城は見事に……”

小和田教授は「小谷城が焼けてないことも知らないのか」という不名誉を被ったというから辛い立場である。

秀吉の「一夜城」といえばドラマには欠かせない名場面である。ところがなんと。この「一夜城」の存在は、現在の研究では全面的に否定されているという! そんなものはなかったのだ! ところが大河ドラマ『秀吉』第6回のサブタイトルは「墨俣一夜城」。スタッフはやる気満々だ。さあどうする。いまさら脚本全面書き直しはできない。てか、墨俣一夜城なしの秀吉なんて。「うーーーーーむ」と悩んで、せめて「がっつり城」ではなく、柵や楼が立つ簡単な砦っぽくしてねということで解決。それにしても、一夜城はなかったのかあ。

ドラマばかりではない。司馬遼太郎の『竜馬がゆく』でも描かれた名場面。龍馬がまだ千葉道場で学んでいた時、剣客が一堂に会して腕を競う剣術大会で、連戦連勝なのが木戸孝允、そのすさまじさをみて立合いを躊躇する武市半平太を尻目に、平然と木戸と立ち合って、激戦の末第殊勲をあげた龍馬の凄みある場面であり、史実として描かれていたのだが、これも実は当日、龍馬も木戸も、武市も、だれも江戸にはいなかったことが後日わかったそうで。もとになった資料が偽書だったというからこれはちょっと気の毒かも。

次ページ良いものを作りたいという思いはひとつ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT